ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2016年10月21日(金)
脳内POGカップ2016-2017 指名馬紹介(ラボーナ)

 
脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2016-2017」。
そこで指名した15頭の指名理由を書いていきたいと思います。

指名馬15頭は→コチラ


血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズで培った“配合パズル論”。
サラブレで連載中の『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』で研究している“厩舎ニックス論”。

この2つをフルに活用し、最強の15頭をピックアップしました。
説得力だけならブッチギリ優勝レベルだと思ってます(笑)









・ラボーナ

父:ルーラーシップ
母:ハッピーパス
http://db.netkeiba.com/horse/2014106058/



【ルーラーシップ×ハッピートレイルズ】

ルーラーシップはキンカメ×トニービンによる、ホーンビームのクロスを主体とした持続的な切れで走る競走馬でした。

これは重要な戦力である反面、ややダラっとした緩さ同時に伝えてしまうところがあります。
成長とともに筋肉がついてくればそのあたりの緩さも解消されるのでしょうが、POGの場合は3歳春までにある程度完成していてくれないと勝負になりません。

ルーラー自体が新種牡馬なので真の正解がよくわかっていませんが、上記の理由からとりあえず初年度は、硬い血を豊富に持ち、ホーンビームの緩さが目立ちにくい配合馬を狙ってみました。


本馬の祖母ハッピートレイルズは、祖父がライオット≒フェアトライアル3×3のフォルリ。
更に母父がアバーナント≒コートマーシャル(その父フェアトライアル)3×3のハイトップ。
ここからフェアトライアル的な機動力を強く受け継ぎ、硬質なパワースピードが主体になっているおばあちゃんです。

ラボーナ

このピリッとした要素がルーラーシップの緩さを引き締めてくれればバランス面が綺麗に整いますから、POG期間でもやれるんじゃないかな~と感じました。

ま~仮に僕の狙いが間違ってたとしても、ハッピーパスの子なら堅実に稼いでくれそうですしね~。
大外れってことはないでしょう(……と6月の時点では思ったけど、ちょっと雲行きがアヤシイ?笑)



【藤沢和雄×ハッピートレイルズ】

サラブレ『QN』の第2回で研究しましたが、藤沢和厩舎が得意な血は「ハイペリオン×レディジュラー」血統。

ハッピートレイルズを構成する(フォルリの父)アリストファネスや、ハイトップはいずれも「ハイペリオン×レディジュラー」血統なので、藤沢厩舎にピッタリです。

この牝系と藤沢厩舎の組み合わせといえば、古くはマイルCSを勝ったシンコウラブリイ、最近ではオークス2着チェッキーノなど、合計24頭を管理して83勝を挙げています。

とにかくほとんどハズレが出てないうえ、複数勝利も当たり前な感じですからね。
安心して指名出来る厩舎ニックスです(……と6月の時点では思ったけど、ちょっと雲行きがアヤシイ?笑)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト
 
 
 

Comment