笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

未デビューなのに赤松賞に登録してきたハナレイムーンのハナレ技

いや~ビックリです。
来週デビュー予定のハナレイムーンが、まさかの赤松賞に登録してきました。


正式なソースが確認できないので間違ってたらゴメンナサイなのですが、僕の記憶が正しければ過去にブエナビスタが同じようなことをやろうとした……なんて話がありましたよね。

いわゆる“伝説の新馬戦”でアンライバルドに敗れて未勝利の身だったブエナビスタ。
未勝利を勝って阪神JFだとよくても抽選対象なので、確実に出走する手段として2戦目に黄菊賞を選ぼうとした。
上手く勝てば収得賞金が500万になるので、新馬・未勝利勝ちの馬(収得賞金400万)よりも上になります。
だけど黄菊賞には社台の期待馬ジェルミナルが出走予定。
なのでオーナーから釘を差されて出走は断念した。

そんな逸話があったような気がします(重ねて言いますが、記憶違いならゴメンナサイ)。
まあただのネタかもしれませんし、マツパク先生の真意はわかりませんが。


ハナレイムーンは、それほど阪神JFに出したい馬なのか。
かつてのブエナと同じくらい自信があるのか。

これが森調教師だったらそんなに驚きはしないんでしょうけど(笑)、堀先生なので何か特別な狙いがあるんじゃないかと考えちゃいますよね。


ハナレイムーンは新馬戦にも想定されているので、本当に赤松賞に出走するのかはわかりません。
でもなんか面白い展開じゃないですか!(・∀・)


配合についてはPOGで指名することになったら、改めて記事を書きましょうかね~(^^)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2016/11/14 | 12:03
POGコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?