笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

阪神JF 出走馬考察(ソウルスターリング)

今期の2歳戦が始まる前は、「フランケル~?バケモノといえども重厚すぎて日本では厳しいのでは?┐(´д`)┌」
くらいにしか考えて無かった僕。

半年も経たないうちに撃沈しましたとさ……(苦笑)


ソウルスターリングのポイントは、父フランケルと祖母ソワニエが緩い相似配合になっているところ。

ノーザンダンサー4・5×4、ラジヤナ≒ジムフレンチ4×5、ホープスプリングスエターナル≒ミルリーフ5×5をはじめ、テューダーミンストレル8×7やアクロポリス=アリシドン7×8など。
強固な繋がりではありませんが、プラスになりそうな良さげな血を満遍なく押さえている印象です。


ここまでフランケルの要素が押さえてあると、もっとガチムチとした突進型に出そうなイメージですが、本馬はそんな感じではなく、結構柔らかい走りが出ていますよね。

これはおそらくホープスプリングスエターナル≒ミルリーフによる「ナスルーラ+プリンスキロ+ラトロワンヌ」の脈絡と、レインボーレイクとミルリーフによる「ナスルーラ+プリンスキロ+カウントフリート」の脈絡から、しなやかな斬れ味が強く表現されているからではないかと思います。


しかもそれとは全く無関係な構成のモンズーンがしれっと母父にいるのがミソ。
メリハリが効いてて良いですね~。


気になる点としては、これまで千八のゆったりとした流れしか経験していないところでしょうか。

配合的にはマイルでも問題ないのかもしれませんが、どう考えても2歳に完成する馬ではありません。
千二や千四を使いつつ参戦してくるスピード馬たちが、忙しいペースを作る中で戸惑ってしまわないかが心配です。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト


2016/12/05 | 14:41
ぶった斬る2016コメント:3トラックバック:0
コメント
いつも、お疲れ様です。前にも、ブレスジャーニーで考察していただきました。ありがとうございます。m(__)m
今回は、4日の結果なのですが、ディープブリランテが三着以内に全頭来ていました。何か、面白い考察ないでしょうか?よろしくお願いいたします。m(__)m
2016-12-05 月  21:09:17 |  URL | 龍馬 #/f5/O/l6 [編集]
ブリランテはまだ大物が多く出ているわけではないので何とも言えないところはありますが、現役時代の長所だったパワーはそのままに、ディープらしいキレ、サンデーらしいキレは失われつつある印象です。
なので個人的にはヘイローやサーアイヴァー、ホープスプリングスエターナルあたりを増幅して、しなやかさを前面に出すような方向性が良いのではないかな~と、漠然とですが考えています(^^)
2016-12-06 火  15:22:43 |  URL | くりがしら #- [編集]
ディープブリランテは、先行して押しきるような、レースしていましたが、産駒は、差しているような気がしました。阪神ジュベナイルに出る、ディーパワンサは、両前足、後ろ両足の走法で走っているので、ディープブリランテによくにている感じですね。( ロ_ロ)ゞありがとうございました。今度は、いつ本が、発売できそうでしょうか?発売したら購入させていただきます。m(__)m
2016-12-06 火  21:52:18 |  URL | 龍馬 #djiDnZP2 [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?