やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

阪神JF 全馬血統プチ考察(終)

では続きを頑張ります!╭( ・ㅂ・)و ̑̑

その1はコチラ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1682.html
その2はコチラ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1683.html



13,ゴールドケープ

母のジュエルオブナイルは短距離で活躍した馬でしたが、本馬は父にワークフォースを迎えたことで短距離馬ではなさそうです。
デビューから3戦はまともにレースすら出来てませんでしたが、休養を挟んでの4戦目からは競馬が上手になりましたね。
父がヌレ≒サド、自身がアクロポリス=アリシドン6×7・8・9だけにパワー+スタミナはかなりもので、前走は重たい馬場で真価を発揮して快勝でした。
本番がドロドロの馬場だったら最高なんですけどね~(笑)


14,スズカゼ

母父にアフリートを据えて、ミスタープロスペクター6×3のクロス。
サーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナル≒ベネチアンジェスター6・6×4ともしています。
スピードが不足しがちのブリランテですから、こういう素軽さを引き出す仕掛けは悪くないでしょう。
ただ母がダートで活躍した馬であることや、アフリート自体がダート種牡馬であることなどから、真に芝向きのスピードが補強できているとはいえず、ちょっと決め手に欠ける部分が出てしまっているようにも見えました。


15,フェルトベルグ

小柄な馬ではありますが、なんだか猛牛のように突進して走ってるように見えますね。
おそらく父ブラックタイドではなく、母父プルピットでもなく、祖母ジャストフォーチャンスの影響ではないでしょうか。
このおばあちゃん、ヒズマジェスティ=グロースタークにアレッジドを加えて、「リボー+ウォーアドミラル」を強力に濃縮した構成をしています。
ここが凄いパワー+スタミナなので、他はもうちょいスピード寄りでも良い気がするんですけど、本馬の父はスタミナ型のブラックタイド。
う~ん、どうなんでしょ(^_^;)


16,シグルーン

ふ~む……。
パッと見はダート馬かなと思わせるような構成でもあって、スミマセンよくわかりません(笑)
惰性的にダラダラ、ヌメヌメといつまでも伸びる感じは、母の父ステイゴールドと、祖母のラウンドテーブル3×4の影響なのかも…?


17,ヴゼットジョリー

母父にサンデーサイレンスが入ってヘイローのクロス。これだけでそれなりの好形といえますね。
父方のミルリーフや母方のリファールの影響などもあって、しなやかな持続的スピードに優れているようです。
ただ全体的にヨーロッパ血統が濃く、しかも自身はエルバジェ5・7×6やシカンブル5×6のクロスを持つためドロっとした重厚感があり、バリバリのマイラーというよりはマイルもこなせる千八型のような感じかなと。
タイプ的にはソウルスターリングと似たような印象です。


18,リスグラシュー

先日、詳しく考察した記事を書きましたので、そちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1680.html




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.