笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

阪神JF 回顧したくないけど回顧(´・ω・`)

レースの結果は、1着(△)ソウルスターリング、2着(△)リスグラシュー、3着(…)レーヌミノル。

もうあまりにも外れすぎてね~。
回顧したくないですね~(´・ω・`)

公開処刑のようなのであまり晒したくはないですが、ちなみに予想はコチラです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1685.html


アリンナ田辺騎手が、それなりに引き締まったレースを演出するという予想までは当たっていました。
当たってたのはそこだけです(笑)


ま~今の僕が何を言っても説得力ないですし、ていうか自分自身まだ今回の結果を上手く消化しきれてないので、すごいザックリとした感想になっちゃいますけど……

GⅠとはいえこの時期の2歳戦はメンバーレベルが揃いづらいです。
結果的にGⅠの舞台に見合う素質があったのは、アイビーSでペルシアンナイトをちぎった2戦2勝ソウルスターリング。
未勝利戦でレコード勝ち、アルテミスSを完勝したリスグラシュー。
小倉2歳Sが6馬身差の圧勝し、負けた前走も3着には3馬身離していたレーヌミノル。
この3頭で決まったということだったんですかね~。

血統的に考えると、ソウルスターリングやリスグラシューに比べたらレーヌミノルは母系の底力がアヤシかった。
そしてソウルスターリングの方がリスグラシューよりも配合のクオリティは高い。

ですから仮にレース前に、今回の上位3頭だけで印をつけろといわれたら……


◎レーヌミノル、◯ソウルスターリング、▲リスグラシューにして粉砕されてたことでしょう(笑)
なんでやねん!って思うでしょうが、僕ってそういうとこあります(´・ω・`)


ソウルスターリングの配合については下記の記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1678.html

リンク先でも書いたように、やっぱりこの時期に完成するようなタイプには思えないので、卓越した“器”でアストンマーチャンを差し切ったウオッカみたいな感じなんでしょうか(アストンマーチャン役がレーヌミノル)。


それともう1つポイントだと思ったのは藤沢和雄厩舎との相性。

厩舎ニックスは大事だな~と改めて感じた今日このごろでした。


ところで俺のPOG指名馬で3戦3勝のジューヌエコールだけなんで大敗なんでしょう・・・(´・ω・`)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

スポンサーサイト


2016/12/12 | 17:38
回顧コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?