笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

サラブレ3月号の『QN』は角居勝彦厩舎(前編)です

2月13日に『サラブレ』3月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

特集は「2017年に買いたい路線別主役候補と激走上がり馬」。
現在の各路線の力関係を整理しつつ、識者に今年の主役候補と激走上がり馬をあげてもらいました。
その他企画記事は本誌オリジナルの「騎手名鑑2017(前編)」、「フェブラリーS&冬のダート競馬攻略」。
その他、佐藤哲三元騎手、池江泰寿調教師、田辺裕信騎手、1ヶ月間の重賞と特別レースの傾向を探るなど、連載陣も盛り沢山。






『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第17回は「角居勝彦」厩舎を研究しています。
角居厩舎は牡馬と牝馬によって厩舎ニックスを使い分けている厩舎。
前編の今回は、牡馬の活躍馬の傾向を探りました。

厩舎ニックスの研究をはじめた当初、角居厩舎のニックスは1つしか見つけることができておらず、今期のPOGではその理論を参考にクリアザトラックを指名しました。
しかしそれが牝馬用のニックスだと気づいたのは昨年の秋になってからのことです。

クリアザトラック自身の配合そのものは素晴らしいので、もちろん指名することに問題はありません。
ですが角居厩舎とのニックスという観点からみたら、(実際に活躍するかどうかはさておき)狙いはエアウィンザーやグローブシアターの方だったかもな~と、今では考えたりもします。

僕自身、もっと厩舎ニックスを使いこなして良い馬を指名できるように頑張らないと╭( ・ㅂ・)و ̑̑



大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト


2017/02/16 | 15:57
告知コメント:4トラックバック:0
コメント
何頭かの馬は、名前にちなんだコスプレしてますが、これも取り入れてはどうでしょうw

https://www.google.co.jp/search?q=Tudor%E3%80%80minstrel+-horse%E3%80%80Costume&biw=1920&bih=950&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiltpiB3p7SAhUKbbwKHdSCAIsQ_AUICCgB
2017-02-20 月  22:31:08 |  URL | オメガ #- [編集]
それは僕も考えたんですけどね~。
アリストファネスはなんとなく通じると思うんですけど、たとえばチューダー朝の吟遊詩人を絵で描いて、それがちゃんと読者に通じるのか不安だったのでやめました(笑)
2017-02-22 水  15:42:04 |  URL | くりがしら #- [編集]
なるほど~、確かに通じないと手間なだけですもんね。
コスト(時間や手間も含む)分の効果を計算するのもプロとして大切ですからね。失礼しました。
2017-02-23 木  23:39:43 |  URL | オメガ #- [編集]
いや~僕の場合は通じるのでしたら、時間や手間を考えずにやってしまうタイプです。
たった1コマのチーフテンとブラックホークを描くために、一度も経験のないプラモ制作をニッパーや接着剤から全て揃えて、原稿を全く描かずに4日かけて制作した過去がありますから(笑)
つまりプロ失格です(^_^;)
2017-02-24 金  00:26:39 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?