アルアインのツボ探し

2017/04/17 16:39

ディープブリランテ以来のPOG指名馬のGⅠ制覇をペルシアンナイトで狙ったものの、残念ながら悔しい2着。

勝ったアルアインはサンデーレーシングで1億で募集されたディープ産駒ということで、POGでもドラ1候補の大物ですね。
お恥ずかしい話、僕自身はドラフト時点で全くマークしてませんでした……(´・ω・`)

なのでいまさら考察をするのもアレなんですけど、血統表を見ていたら面白い血が見つかったので紹介しておこうと思います。


その血とは、アルアインの2代母父の『グレートアバヴ』です。
普段はあまり見かけないマイナーな血ではあるのですが、構成を見ると『インリアリティ』とよく似ているんですよね。


 ┌Rough'n Tumble
┌◯
グレートアバヴ
│┌Intentionally
└△┌Better Self(≒Iltis)
 └△


┌Intentionally
インリアリティ
│┌Rough'n Tumble
└△
 └Iltis(≒Better Self)


インリアリティといえば、ディープインパクトとの組み合わせで数多くの活躍馬を送り出しているニックスの血です。
GⅠ馬のリアルインパクトとダノンプラチナを筆頭に、ダノンバラード、ダコール、ヒストリカル、トーセンスターダム、サトノラーゼン、トーセンホマレボシなど、牡馬の活躍馬がたくさんいます。

ディープ×インリアリティで働いてる恩恵と同じような効果がグレートアバヴにもあって、それがアルアインの活躍に繋がっているのかもな~と推理してみた今日この頃です。


それにしても、以前「サーゲイロードをクロスしたディープ産駒の牡馬はイマイチ」的なブログを書いたのですが、アッサリと覆されちゃいましたね~。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1603.html

ディープインパクトという種牡馬は過去のデータをガンガンぶち壊してくるので、考察する側としては非常に困ります(^_^;)



大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト

ぶった斬る2016  | コメント : 1  | トラックバック : 0 |

コメント

エントリーとは関係ありませんが、トゥザクラウンとは一体何だったのでしょうか?
そして、来期POGに向けてこの時期最大の問題が「ハーツクライのジレンマ」です。
春天にかつてのPOG指名馬を2頭も出しているのですが、この2頭を超えるとはいかないまでも、オオ~となる馬にめぐり会えないのが歯がゆいです(何しろ、スワーヴリチャードを消しましたから)。
最後に、アルアインについては、出資者の山本さんって、見る目あるのは理解できました。

| 2017/04/29 |  01:00 | Y子 #SFo5/nok |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する