やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

アルアインのツボ探し 2017-04-17-Mon

ディープブリランテ以来のPOG指名馬のGⅠ制覇をペルシアンナイトで狙ったものの、残念ながら悔しい2着。

勝ったアルアインはサンデーレーシングで1億で募集されたディープ産駒ということで、POGでもドラ1候補の大物ですね。
お恥ずかしい話、僕自身はドラフト時点で全くマークしてませんでした……(´・ω・`)

なのでいまさら考察をするのもアレなんですけど、血統表を見ていたら面白い血が見つかったので紹介しておこうと思います。


その血とは、アルアインの2代母父の『グレートアバヴ』です。
普段はあまり見かけないマイナーな血ではあるのですが、構成を見ると『インリアリティ』とよく似ているんですよね。


 ┌Rough'n Tumble
┌◯
グレートアバヴ
│┌Intentionally
└△┌Better Self(≒Iltis)
 └△


┌Intentionally
インリアリティ
│┌Rough'n Tumble
└△
 └Iltis(≒Better Self)


インリアリティといえば、ディープインパクトとの組み合わせで数多くの活躍馬を送り出しているニックスの血です。
GⅠ馬のリアルインパクトとダノンプラチナを筆頭に、ダノンバラード、ダコール、ヒストリカル、トーセンスターダム、サトノラーゼン、トーセンホマレボシなど、牡馬の活躍馬がたくさんいます。

ディープ×インリアリティで働いてる恩恵と同じような効果がグレートアバヴにもあって、それがアルアインの活躍に繋がっているのかもな~と推理してみた今日この頃です。


それにしても、以前「サーゲイロードをクロスしたディープ産駒の牡馬はイマイチ」的なブログを書いたのですが、アッサリと覆されちゃいましたね~。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1603.html

ディープインパクトという種牡馬は過去のデータをガンガンぶち壊してくるので、考察する側としては非常に困ります(^_^;)



大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト

CATEGORYぶった斬る2016 Trackback 0 Comment 12 △Page Top

« サラブレ6月号の『QN』は総集&応用編! POG企画です | ホーム | サラブレ5月号の『QN』は最終回! 須貝尚介厩舎です »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 Y子 | URL | 2017-04-29-Sat 01:00 [EDIT]

エントリーとは関係ありませんが、トゥザクラウンとは一体何だったのでしょうか?
そして、来期POGに向けてこの時期最大の問題が「ハーツクライのジレンマ」です。
春天にかつてのPOG指名馬を2頭も出しているのですが、この2頭を超えるとはいかないまでも、オオ~となる馬にめぐり会えないのが歯がゆいです(何しろ、スワーヴリチャードを消しましたから)。
最後に、アルアインについては、出資者の山本さんって、見る目あるのは理解できました。

>Y子さん くりがしら | URL | 2017-04-30-Sun 12:52 [EDIT]

トゥザクラウンは正直僕も予想外の結果でした。
どうやら声帯除去の手術をしたみたいなので、喉の状態が良くなかったのでしょうね。

ハーツクライは去年ロジクライを指名出来たので、今年はもっと良い馬を指名すると意気込んだものの、2頭指名したどちらも勝ち上がれていません(^_^;)
やっぱり僕には難題のようです。

山本昌さんは結構いろんな馬に出資されているみたいなので、他にどんな馬を持っているのか気になりますね~(^^)

 渡辺 | URL | 2017-04-30-Sun 15:43 [EDIT]

こんにちは。

青本を見ますと岡田牧雄さんが、オルフェーブルはディープに合う牝馬が合うのではないかと言っていますが、くりがしらさんと反対の考えでいかがでしょうか?

私も、くりがしらさんの考えが正しいのではないかと思っています。

それにしても、オルフェーブルの子供は小さいのが多いですね。

>渡辺さん くりがしら | URL | 2017-04-30-Sun 23:20 [EDIT]

僕としてはディープに合う牝馬よりも、ダイワメジャーに合う牝馬が良いのではないかと睨んでいます。
ただこれまで新種牡馬の予想が当たったことはほとんどないですから、岡田さんの方が正しいんじゃないかって気がしてきました(笑)
オルフェの子が小さいのは、ノーザンテーストの影響なんでしょうかね~。

 渡辺 | URL | 2017-05-01-Mon 18:49 [EDIT]

ありがとうございます。

本当にディープに合う牝馬が良ければ、分かりやすくていいんですが。

去年はルーラーシップで失敗しましたので、新種牡馬は様子見します。

No title オメガ | URL | 2017-05-01-Mon 21:25 [EDIT]

ディープ似合うタイプにダイワメジャーに合うタイプ……よし、間をとってストームキャットですね!米ノーザンダンサーのパワーとナスキロで。
……でもドリームジャ―二にはあまり上手くいってないような(笑)
それはさておき、タイプは違うけど、配合上はディープに似てるのが結構いいかもしれませんね。
ノーザンテーストを柔らかくするナスキロかナスペリオンと、ダイナサッシュ≒エレクトロアートのノーザンダンサーxナスルーラを考えると、ノーザンダンサーナスキロやヌレイエフといったディープとも良さそうなのとある程度被りそうで。アルカサルやエスティタートなんかそんなかんじですよね。

>オメガさん くりがしら | URL | 2017-05-02-Tue 19:46 [EDIT]

ストームキャットやヌレイエフ、あとはフレンチデピュティやトニービンあたりも、ディープ&ダイワメジャー共通として使えるかもしれませんね。
そうなったら僕もコケずに助かります(笑)

菊澤厩舎の オメガ | URL | 2017-05-08-Mon 22:34 [EDIT]

はい!先生! 菊沢厩舎ニックスですが、両方に名前があるダイワダッチェス以外、ヌレイエフ組全頭にネヴァーベンドがあります!
そしてジェラシーはトニービン、ウキヨノカゼはアルザオ、例から漏れたレイヌドネージュもトニービン、アブマーシュは漫画では触れられなかったテスコボーイ(欧ナスルーラ)
そして現時点では、障害のオープンガーデン除く上位20頭中11頭が牝馬かつ重賞馬は牡馬0牝馬2という傾向もあります!
よって自分は女子力組に分類します!

>オメガさん くりがしら | URL | 2017-05-08-Mon 23:25 [EDIT]

オメガさんの仰る通りだと思いますし、僕も正しくは女子力組だと思ってます(^^)
個人的な考えを書きたい(呟きたい)ところではありますが、将来サラブレで連載再開する可能性もゼロではないので、詳しくは今後にとっておこうと思います。

 オメガ | URL | 2017-05-09-Tue 21:04 [EDIT]

ぜひぜひ連載再開をまってます~

ヴィクトリアマイル オメガ | URL | 2017-05-14-Sun 20:06 [EDIT]

ステイゴールドxニジンスキー→ニックス
ステイゴールド牝馬に通常のニックス+ミスプロ、ナスキロ→性別バイアスニックス
ステイゴールドx須貝→厩舎ニックス
リヴァーマンxルメール→騎手ニックス

完璧^^

>オメガさん くりがしら | URL | 2017-05-15-Mon 08:57 [EDIT]

おぉ、なるほど。
騎手ニックスまでは考えつきませんでした。

勝つべくして勝った馬だったというわけですね~。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |