09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

アドミラブルを考える

最近あまりブログを更新できてなかったので、先週はオークス関係の記事を色々と書こうと思っていたのですが、39度を超える熱を出しダウン・・・。

ダービーウィークくらいはバリバリ頑張るつもりでしたが、今日もまだ本調子ではないので、本気出すのは来期POGからと諦め、マイペースに更新します(^_^;)


今日はアドミラブルを考えます。

この馬は身内POG、脳内POGカップの両方で指名していて、個人的にも思い入れのある馬です。
配合については脳内POGカップの指名馬紹介の時に詳しく書いているので、まずはそちらをご覧になってください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1598.html


今回は上記リンク先の記事についての補足をしておきます。

リンク先で音無厩舎×トニービンは厩舎ニックスだと書きました。
記事をアップした時点で音無厩舎についてはサラブレでは未掲載でしたが、その後サラブレに掲載した音無厩舎特集(16年9月号)では、トニービンのことを紹介していません。


トニービンが持つハイペリオン5×3・5のクロスは、『ハイペリオン凝縮血統』を好む音無厩舎には間違いなくプラスに働きます。
しかし音無厩舎はどちらかと言えばガチッとしたパワータイプの方が向いている印象があり、トニービンが伝える緩い体質に関してはそこまでプラスになりません。

音無厩舎×トニービンという組み合わせは、本質的な相性は決して悪くはないものの、ちょっと使い所が難しい組み合わせだなと感じています。


このニックスを上手く活用するためには、「トニービン以外の部分にガチッとしたパワーを補強する」とことが答えではないかと、僕は思っています。
トニービンの緩さを消してくれるような血があり、馬自身にダラシなさがなければいいんじゃないかなと。
音無厩舎が得意とするレンジに引き寄せれば、トニービンのハイペリオンだけをプラスとして汲み取ることができそうです。

さすがにサラブレ本誌の4ページで、これを細かく書く余裕がありませんでした。
トニービンについてはいずれ須貝厩舎の回でちゃんと書くつもりでいましたので(17年5月号で書きました)、音無厩舎の回ではカットし、代わりに『ワイルドアゲイン』との相性について重点的に書きました。


アドミラブルの場合はトニービンを3代目まで下げ、代わりに母父にパワー型のボリクリを挟み、更に牝系もパワー型のバレークイーン。
トニービンの緩さが出ないようになっていることが、音無厩舎にとって大きな意味があるのだと感じます。

これはディープの配合としてもプラスになる良い工夫です。




大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト

Comment