やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

一口クラブの考察記事の販売について

昨年までSNSの「note」で3年間販売していました、東京サラブレッドクラブ、キャロットクラブ、シルク・ホースクラブの1歳馬の血統考察ですが、今年はお休みさせていただくつもりでいます。


以前ブログで報告しましたが(下記リンクを読んでください)、今年は一度素人ブロガーに戻り、血統と一から向き合う年にしようと思っています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1696.html


自分の血統論は何のためにあるのか。
それをどう表現すればいいのか。

去年と同じ作業をしてしまうと、ズルズルと今までの自分のまま惰性で進んでしまいそうです。
色々なことをゼロに戻して、時間を作って練り直したいと思っています。


わざわざブログに質問してくださった方もおり、楽しみにしてくれていた方には大変申し訳ないのですが、今年は同人誌に続いて、クラブ馬の考察もお休みすることにしました。


まあ今はこれといって具体的な進路が浮かんでいるわけではなく、真面目に向き合わずにギャロップレーサー7をやってるくらいです(ホットシークレットが超強いんですよ)。
ひとまず、今年こそはPOGでのポンコツ具合から脱却したいと思ってるんですけど、今のところ難しそうだなあ(´・ω・`)

IMG_0108.png

血統に詳しいって思われているだけで十分幸せですよ、僕は。



スポンサーサイト

*Comment

カナロア産駒の体重 

今、ロードカナロア産駒のトロワゼトワルのことが気になってます。
まずカナロア産駒は意外と馬体が無いのでは?というところから。
今のところ、母馬よりデビュー時の体重が低いのばかりなんですよね
デビュー時期もあるのかなと思ったが、夏デビューのラルケットやルリニガナと比べてもやっぱりない。

そしてトロワゼトワルの特徴として
・母よりデビュー時体重が大きい
 ・勝ち上がった4頭の中で、母父が長距離型
 ・柔らかくなりがちなサーゲイロード持ちで唯一の勝利馬
 ・母父直系がサンデー

しなやかだから成長が遅れる血統で、体重がすでにあるタイプってのはよくある活躍パターンですが
「絶対値は少ない」けど、「血統の印象以上にある」こいつもまたいい成長をしているのかも……
と個人的な考察の種でした。

ああ自分がPOGで指名してるルリジオンは母より「大幅に」大きいタイプ!
これは逆に不安になってきます(笑)

レッドシャーロット 牝 1月27日生  7.2デビュー 450キロ - シルバーフォックス 3月16日生 3歳7・10デビュー 514キロ  父クロフネ
スズカマンサク 牝 3月29日生生 7.2デビュー 412キロ - スズカローズマリー 4月3日生 2歳11.6デビュー 430キロ 父アフリート
ステルヴィオ 牡 1月15日生 6.4デビュー 462キロ - ラルケット 3月5生 2歳8.26デビュー 478キロ 父ファルブラヴ
トロワゼトワル 牝 2月28日生 7.2デビュー 458キロ - セコンドピアット 4月10日生 2歳11.5デビュー 454キロ 父ハーツクライ

ここまで勝馬


ステラローザ 牝 3月7日生 6.10デビュー 426キロ - ピーチブローフィズ 2月27日生 2歳7.12デビュー 440キロ 父シンボリクリスエス
スピリットワンベル 牡 3月30日生 6.24デビュー 516キロ - ショウサンミーベル 4月5日生 2歳10.24デビュー 484キロ 父フジキセキ
レッドレグナント 牝 2月3日生 6.11デビュー 462キロ - エンプレスティアラ 2月14日生 3歳7.7デビュー 514キロ 父クロフネ
イイゾ 牝 3月27日生 6.17デビュー 424キロ - ルリニガナ 3月31日生 2歳6.19デビュー 458キロ 父スニッツェル
ダイメイジャスミン 牝 2月18日生 7.8デビュー 400キロ - シェーンフレール 2月22日生 3歳2・3デビュー 450キロ 父スマートストライク
カズノキング 牡 3月22日生 7・14デビュー 469キロ大井 - レオソレイユ 3月29日生 2歳8・8デビュー 466キロ 父オペラハウス
ウインネプチューン 牡 2月12日生 7.1デビュー 458キロ - エルノヴァ 2月17日生 2歳11・3デビュー 466キロ 父サンデーサイレンス

ここまで掲示板


ペプチドプラム 牝 3月30日生 6.18デビュー 412キロ - ドリームスピカ 未出走 父バブルガムフェロー
アクアリブラ 牝 2月24日生 7.8デビュー 426キロ - ロゼシャンパーニュ 1月24日生 2歳8.27デビュー 426キロ 父ゼンノロブロイ
シバノモスキー 牝 3月8日生 7.8デビュー 436キロ - アンキャニー 4月11日生 3歳8・17デビュー 460キロ 父アグネスタキオン
  • posted by オメガ 
  • URL 
  • 2017.07/22 01:31分 
  • [Edit]

>オメガさん 

よく調べていますね~。
僕なんかまだ何も考えてなかったです(^_^;)
今日勝ったトゥザフロンティアも母より小さいですね(それでも馬格はちゃんとありますが)。

ルリジオンは大幅に大きいんですか。
でも母は逆に小柄な方ですし、大きいに越したことはないんじゃないかと、テキトーで恐縮ですが前向きに考えることにしましょう。

そういえば、僕が個人的に期待しているミッキーワイルドも、「大幅に」大きいタイプになりそうです(^_^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2017.07/22 23:38分 
  • [Edit]

 

こんばんは。

レイエンダが、今のところ 非常に良いですね。

くりがしらさんが言われたように、ラドラーダは相当優秀な繁殖牝馬かもしれませんね。

アグネスフライト タキオンの全兄弟のようになって欲しいです。

  • posted by 渡辺 
  • URL 
  • 2017.07/23 23:39分 
  • [Edit]

>渡辺さん 

レイエンダのデビュー戦、楽しみですね~。
僕はティソーナ指名してレイデオロをスルーしちゃった者なので、フライト&タキオン兄弟のパターンであってほしいと祈るばかりです(^_^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2017.07/24 01:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.