≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

本馬の全兄は、今年の日本ダービーを勝ったレイデオロ。
正直に白状しますと、僕はレイデオロがデビューする前は、ダート馬になりそうだなと思ってました(^_^;)

負け惜しみを言うわけではありませんが、キンカメ×ラドラーダという組み合わせは、ダート馬に出る可能性も十分にある構成だということは、今でも思ってます(まあほぼ負け惜しみです、笑)。
ただレイデオロはれっきとした芝のチャンピオン。
これは完全に僕の判断ミスです。

では僕は何をミスったのか。
思い当たることを挙げてみます。



・母父シンボリクリスエスの資質

シンボリクリスエスの種牡馬としてのイメージは、シアトルスルーの柔らかさを色濃く伝えるものの、ロベルト系らしく鈍重なところが強い感じ。
柔らかいけど切れない、ダラしない鈍重タイプです。

しかし母父シンボリクリスエスのイメージは(あくまでも現状でのものです)、柔らかさを持っていながらも、引き締まったパワーが内包されている感じ。
思いの外、ピリッとしたパワースピードを伝えている印象です。
レイデオロのデビュー前に血統表を見たときは、シンボリクリスエスのことを従来の“ダラしない”血として見ていたため、芝よりもダートの方が良いのではないかと判断してしまいました(^_^;)



・牝系がウインドインハーヘア

4代母ウインドインハーヘアは、父アルザオの切れ味を強力に伝える偉大な名牝。
レイデオロに限らず、その兄ティソーナもパワースピードをベースに走っていますが、それでいて手先が柔らかく、スナップをきかせた俊敏な走りをしているように思います。
これは間違いなくウインドインハーヘアの影響でしょう。
特にレイデオロの場合は、ラストタイクーン≒アルザオになっていることで、ウインドインハーヘアの切れ味を引き継ぐような仕掛けが施されています。

一般的なキンカメ×ボリクリだったらダート馬に出てもおかしくないパワー要素を、芝向きの瞬発力として昇華させてしまう。
これがウインドインハーヘアの凄さなんだろうと思います。



・藤沢和雄厩舎との相性

以前ブログにコメントを下さった方によると、血統ビームでおなじみの亀谷さんが「レイデオロは藤沢厩舎じゃなければダービーではなくダート馬になってたはず」とおっしゃっていたようです。
レイデオロは元々が筋力豊富な構成をしているため、後天的に筋力をつけることはあまり重要ではないように思います。
これがもし坂路でバリバリ鍛えるような厩舎だったら、ダート馬になっていたのかもしれません。

藤沢流のコースでの調教によって、馬本来の綺麗なフォームを崩すことなく心肺機能を鍛えられたことが、レイデオロの切れ味を作り上げたのではないでしょうか。



というわけで、色んなことに反省しましたので、今年は堂々とレイエンダ指名ですよ。
この手のひら返しっぷりの凄さ……、逆に潔いと思いませんか?(汗)

ちなみに僕は長男ティソーナを指名して、次男レイデオロをスルーし、そして三男レイエンダを再び指名。
なんかこういうのって、いかにもやらかすパターンですよね~(´・ω・`)




大切なお知らせ ⇒ コチラ


スポンサーサイト


こんばんは。

レイエンダの掲示板で、この馬はダート馬で調教が悪いと必死に言っている奴がいますよ。

このブログを教えてやりたいぐらいですが、頭がおかしい可能性が高いので止めときます。

日曜日に結果が出ますので楽しみです。

まあ僕も本文に書いたように、ダート馬に出る可能性は否定はしませんけどね(^_^;)
でも少なくとも調教で悪い印象は持たなかったので、今週末が楽しみです。
僕は前にも書いたように、クラシック勝った馬のすぐ下はPOGで指名しないと決めているので…

ただ、武豊騎手がやっとダービーを勝ったと思ったら連覇したように、藤澤厩舎がダービー連覇しても不思議ではない…と。

まあ、トゥザクラウンを指名してガックリし、トゥザフロンティアをスルーしてまたガックリするという僕みたいなことにならないように祈ります。
元々は来年こそ藤沢厩舎がクラシック制覇だと思ってピックアップした馬だったので、今年勝ってしまうのは予想外でした(笑)
GⅠとまでは言いませんので、2勝+αを目指して頑張ってほしいところです。
こんにちは。

ひとまず、ダート馬ではないようですね。

少頭数とはいえ、ただ回ってきて勝っちゃったようなので、大物への第一歩を踏み出せたのではないかと思います。

楽しくなってきました。

まだ未知な部分は多いですが、とりあえず完勝ということで安心しました。
次走が楽しみですね~(・∀・)
ふと思ったのですが……なんで海外だとサーゲイロードのクロス馬にさらにサーゲイロード≒セクレタリアトかけてG1馬、それも春のクラシック馬を造れるんでしょうか?
(アルアインの母はセクレタリアト≒サーゲイロードがAPインディ内で完結しているので、親がサーゲイロードを持っているが、クロスを持たない同士)
マクフィ、ナイオオブサンダー、ニューベイ……
ラトロか、ラトロのクロスなのか。
ふ~む、なんででしょう(^_^;)

日本だとサーゲイロードが強すぎると、緩くてクラシック期間に完成しないこともありますもんね。
サドラーとかデインヒルとか、他の部分に重厚なパワー(もちろんラトロを含む)を過剰に含むことになるぶん、バランス的に問題ないってことなのでしょうか。
回答ありがとうございます~
前回のが全部ドバウィやないかーい!ということでキングマンとロペデヴェガも加えましょうか。
さらに上記のマクフィがすでにG1馬Make Believeを出していて、またサーゲイロードでさらに驚愕です(笑)
あまり日本馬を選ぶのに気にしないほうがいいかなあ
こんばんは。

レイエンダが骨折ですね。
やっぱり、ダービー馬の下はダメですか。
酷い仕打ちですね。

軽度とはいえ、春は出てこないでしょうね。
残念です。
新馬戦はそこまで負担の掛かるレースではなかったように思うのですが、
それで骨折してしまうということは、体質に不安があるんでしょうか…。

ここでの離脱は残念ですね~。
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.