09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

身内POGでゴライアスを指名しました。

ゴールドアリュール×キングカメハメハということで、まず注目すべきはヌレイエフ3×5のクロスです。

このクロスはゴールドアリュールのパワーを大きく増幅するもの。
クリソライトやシルクフォーチュンなどの活躍馬を出しています。


ただゴルア×キンカメという組み合わせは、ヌレイエフのクロスの他にも、リラクタントゲスト≒ラストタイクーン(3×4)のニアリークロスも発生します。
こちらはどちらかと言えば、柔らかさを引き出します。
ヘタをするとヌレイエフのパワーを打ち消してしまいかねない、そんな仕掛けといえるかもしれません。

そんなわけでゴルア×キンカメ自体は、パワーなのか柔らかさなのか、少し優柔不断な構成のように感じます。


しかし本馬の場合は、2代母父にブライアンズタイムが鎮座することで、全体的なバランスをパワー寄りに大きく引き寄せています。
これにより、ゴルア×キンカメによる優柔不断さも解消されるでしょう。
おそらくヌレイエフのパワーを活かすようなタイプに出ているはずです。

何よりもゴルア×ブライアンズタイム自体が、GⅠ馬エスポワールシチーを筆頭に14頭中10頭がダートで勝利を挙げており、ダート路線で非常に信頼できる組み合わせだということに好感がもてますね。


POG期間に2勝+αを目指して頑張ってもらいたいです(・∀・)



大切なお知らせ ⇒ コチラ

スポンサーサイト

Comment

こんばんは。

オルフェーブル産駒のことなんですが、札幌で新馬勝ちしたクリノクーニングは、母方がノーザンダンサーが濃い上に、ノーザンテーストが入っているのですね。

能力が高ければ、血統に関係なく走っちゃうんですかね(^_^)

2017/08/24 | 渡辺[URL] | Edit

>渡辺さん

オルフェーヴルに関しては、僕は柔らかい配合を狙ってみましたが、もしかしたら逆に引き締めることがプラスになる種牡馬かもしれません。
クリノクーニングのような配合の方が正解の可能性もあると思います。

まだ新馬を勝ったのみなので何ともいえませんし、他の有力馬と合わせて、今後の傾向には注目しておかなければいけませんね。

2017/08/24 | くりがしら[URL] | Edit