FC2ブログ

やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ロックディスタウンとラッキーライラックを比較する

阪神JFで1、2番人気が予想されるのは、札幌2歳Sの勝ち馬ロックディスタウンと、アルテミスSの勝ち馬ラッキーライラック。

どちらも新種牡馬のオルフェーヴル産駒ですね。
僕はアプルーヴァルで壮絶に散ったばかりなので、今のところオルフェ産駒はトラウマです。





過去にも何度か記事にしていますが、個人的にオルフェーヴルという種牡馬は、中距離版ダイワメジャーだと思っています。

ダイワメジャーのPOG的な狙い目は硬さをほぐすこと。
それをオルフェ産駒2騎にも当てはめてみると、ロックディスタウンは母父がセクレタリアト由来の柔らかさを持つストームキャット。
ラッキーライラックは2代母父が柔軟体質を伝えるシアトルスルー。

どちらもやることはしっかりとやっています。
また硬さをほぐすことが成功した馬というのは、要するに柔らかみに長けた馬でもあるので、その体質を切れ味として活かしやすい牝馬から活躍馬が出たというのも、納得できる結果だと思います。

ダイワメジャー産駒もPOG期間は牝馬の活躍馬が多いですもんね。
そう思って今期はサナコを指名したんですけど、おかしいなあ、理屈はあってるハズなんだけどなあ・・・(^_^;)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1722.html



血統全体の質をみると、ロックディスタウンはストームキャット×マイニング×クレバートリックということで、コテコテのアメリカ血統。
ラッキーライラックもフラワーアレイ×シアトルスルー×アリダーですから、こちらもアメリカ血統中心の構成となっています。

個人的な印象ですが、スピードにせよパワーにせよ、こういうアメリカ的な淡白さや無骨さが中心のタイプは、牝馬よりも牡馬の方が向いていると思っています。
ですがロックディスタウンはデビュー戦、2戦目ともに馬体重が490kg。
ラッキーライラックも480kg→486kg。
どちらも“牡馬級”の馬格を誇っています。
血統構成と馬格が上手く噛み合ったことが、2頭の活躍に繋がっているのでしょう。

僕は同じ理屈でウィキッドアイズを指名したんですけど、おかしいなあ、理屈はあってるハズなんだけどなあ・・・(^_^;)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1733.html


そんなわけで、血統表の字面だけでいえば、ロックディスタウンとラッキーライラックは似たような印象を持ちます。

ただ実際の走りの印象だと、ロックディスタウンは硬めのパワースピード、ラッキーライラックはもっと柔らかいフットワークで走っているように見えました。
おそらく前者は自身が持つノーザンテースト≒ストームキャット4・5×3のパワーが強く、後者は母父フラワーアレイのミスプロ3×3や、2代母父シアトルスルーの柔らかさが強く出ているんじゃないかな~と思ってます。

スポンサーサイト

*Comment

 

いちいち2ちゃんに反応して女々しい
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.12/07 18:53分 
  • [Edit]

 

女々しくてスミマセン。
ネットで自分の名前を見かけて、つい嬉しくなっちゃいまして…(^_^;)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2017.12/07 20:39分 
  • [Edit]

 

こんばんは。

私はソシアルクラブを指名しています。

オルフェーブル産駒にはだいぶ劣っていますが、オルフェーブル産駒が安定した力を出せるかどうか分からない に賭けて、一角でも崩せればいいなと思っています。

しかし、ソシアルクラブが勝ったら凄いですね。
近親の勝ち馬が4頭になるんですから。
  • posted by 渡辺 
  • URL 
  • 2017.12/08 02:23分 
  • [Edit]

>渡辺さん 

ソシアルクラブは姉コロナシオンよりも柔らかみが強いように見えるので、ジョワドヴィーヴルっぽいな~と思っています。
将来の可能性も含めて、楽しみな1戦になりそうですね(^^)
  • posted by くりがしら 
  • URL 
  • 2017.12/10 01:33分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。