FC2ブログ
ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

 

2017年12月15日(金)
朝日杯FSの予想オッズ上位の馬を考える

 
体調を崩して全然ヤル気が出ません。
目がチカチカして、PC見るのがシンドイです(+_+)

でも今週はPOGの大一番ですから、更新なしってのも寂しいですよね。
なので朝日杯FSの予想オッズ上位3頭の馬について考えてみることにします。



・ダノンプレミアム

デビュー前に記事を書きましたので、そちらも参照してください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1724.html

上の記事の中では、母のインディアナギャルが持つ、ダンジグ4×3、バックパサー5×5のクロスが、強靭なパワーとしてプラスに作用するのか、切れ味を削ぐ重たさとしてマイナスに作用するのか、判断が難しいということを書きました。

これまでの走りや実績を見る限り、これはプラスに働いていると考えて間違いなさそうです。

また同記事では触れませんでしたが、本馬が持つサーアイヴァーとハビタットを通じるサーゲイロード6×6のクロスにも注目。
切れ味としてプラスに作用するのか、非力としてマイナスに作用するのか、吉凶どちらに転ぶかわからない仕掛けだと見ていました。
しかしこれについても問題なさそうですね。


ただし、パワーについてはピリッとしたものではなく、ゴツゴツとした無骨なものが中心。
またサーゲイロードのクロスも、非力ではないにせよ、緩さとしては出ているように感じます。
切れ味勝負という点では、ディープ産駒の中ではそこまで秀でたタイプではないかもしれません。


※オマケ




・タワーオブロンドン

ロードアットウォーやサドラーズウェルズから、硬質な機動力をしっかりと補う構成。
ピリッとしたパワースピードによる加速性、俊敏性に優れているため操縦性が高く、どんな展開になっても崩れず頑張ってくれます。




ですが機動力一辺倒というわけではなく、サーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナル5×5をはじめ、多くの「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈を抱えているため、柔らかさにも富んでいるのが強みです。


機動性と持続性を兼備した、弱点の少ないオールラウンダーという印象。

個人的には、筋肉量を豊富にさせたサトノクラウンというふうに見ているのですが、それはもうサトノクラウンではないような気も…(笑)



・ステルヴィオ

この馬については、デビュー前にブログで記事を書いています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1717.html

実際にレースを見たかぎり、柔らかく持続的な斬れ味を武器にしたタイプのように見えます。
上の記事のとおり、「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×ハイペリオン」をベースにしたマイラーなのでしょう。

そんなわけで、これ以上特に書くこともないです(^_^;)
今回考察した3頭の中で、斬れ味の持続力という点では一番かなとは思ってます。


※オマケ


スポンサーサイト
 
 
 

Comment