FC2ブログ
 
笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

朝日杯FS プチ血統予想

朝日杯FSが阪神外回りに変わってからの3年間は、切れ味に優れた産駒が後方からズバッと差し切って勝利しています。

14年はディープインパクト産駒のダノンプラチナ。
15年はハビタットらしく切れるリオンディーズ。
そして16年は再びディープ産駒のサトノアレス。

これらの3頭は、いずれも切れ味の源泉が「サーゲイロード」という共通点があります。


ということで、今年もサーゲイロードの切れ味をテーマに予想してみます。



◎ タワーオブロンドン
◯ ダノンスマッシュ


▲ ステルヴィオ
△ ダノンプレミアム
△ ケイアイノーテック 
△ ヒシコスマー

(※△は枠順)


サーゲイロード的な馬と言えば、まず筆頭に挙がるのがダノンプレミアム。
サーアイヴァーとハビタットを通じるサーゲイロード6×6のクロスを持ち、柔らかな走りをしています。

ただ過去3年の優勝馬であるダノンプレミアムとリオンディーズは上がり最速。
サトノアレスも0.1秒差で上がり2位であったように、サーゲイロードを切れ味として活かしていました。
しかしダノンプレミアムの新馬戦は上がり2位、サウジアラビアRCの上がりは3位以下でした。
柔らかさはともかく、あまり“切れる”という感じではありません。

詳しくは→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1750.html


ということで本命はタワーオブロンドン。
こちらも父方のサーアイヴァーを通じてサーゲイロードの血を持つ馬。
更にそれをサーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナルによって増幅しています。
ピリッとした強靭な推進力も兼備しているため、ダノンプレミアムよりは早い上がりが使えるのではないかと思います。


個人的には、身内POGで指名しているカシアスとヒシコスマーを応援しています。
ただカシアスの場合、同じキンシャサ産駒で去年の朝日杯2着のモンドキャンノと比べても、より頑丈なパワースピードに寄ったタイプ。
マイルだとどうなんでしょう。

ヒシコスマーは馬群を嫌うところがあるので、もっと外枠が良かったような気もします。
一旦下げてから外を回すような競馬になるんですかね。
一発あるならこっちかな。

スポンサーサイト


2017/12/15 | 22:48
予想コメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?