やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

ヘニーヒューズを考えていたら、ヴィクトワールピサに辿り着く 2018-01-28-Sun


このツイートをしたあとに2勝目を挙げたマニクールとプロミストリープも、ミスプロ+ボールドルーラーのクロス持っています。

今回は、なぜミスタープロスペクターが効果的なのかについて、僕なりに考えをまとめてみました。



ヘニーヒューズにミスタープロスペクターを合わせると、ヘニーヒューズの母父メドウレイクとミスタープロスペクターの間に、以下のような脈絡が発生します。


1,レイズアネイティヴのクロス

2,ブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドのニアリークロス

3,ノットアフレイドとゴールドディガーにおける、「カウントフリートを経由するザテトラークのクロス持ち」同士の共鳴



  ┌牡
 ┌牡└ノットアフレイド(ザトラーク血脈)
┌牡
│└牝
│ └ブルーグレイル(≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッド)

メドウレイク

│┌レイズアネイティヴ
└牝
 └牝
  └ノーサードチャンス(ブルーグレイル≒ミスドッグウッド)


┌レイズアネイティヴ

ミスタープロスペクター

└ゴールドディガー(ザテトラーク血脈)
 └牝
  └ミスドッグウッド(≒ブルーグレイル≒ノーサードチャンス)


ニアリークロスとまではいかないものの、両者はそれなりに様々な要素が脈絡する間柄になっています。
このうちレイズアネイティヴと、ブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドは、単純なクロス(ニアリークロス)なので説明は省略しますが、ノットアフレイドとゴールドディガー間の脈絡についてはややこしいことなので、もう少し詳しく解説しますね。



メドウレイクが持つノットアフレイドという血は、ザテトラーク5×4というクロスを持っています。
このザテトラークはスピードに優れた血なので、現代の競馬においても重要な存在です。

このノットアフレイドと同じ構成をしているのが、ミスタープロスペクターの母であるゴールドディガー。
この血もザテトラーク5×6を持っているのです。

つまりノットアフレイドにゴールドディガーを合わせると、両者のスピード源が強烈に刺激されるんですね。
しかも、どっちも父のカウントフリートを経由してザテトラークをクロスする、という点まで共通します。


ヘニーヒューズ×ミスタープロスペクターが成功するのは、前述の通りメドウレイク×ミスタープロスペクターにおける、、レイズアネイティヴのクロスやブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドなど、様々な脈絡が根拠です。
しかしスピードを支えるという意味では、特にノットアフレイドとゴールドディガー間でのザテトラークの刺激が、非常に重要なポイントになっているのだろうと思う今日この頃です。



さてヘニーヒューズの考察についてはこれで終了ですが、ここまで書いていて、1頭、同じ理屈で成功している種牡馬に気づきました。
ミスタープロスペクター(ゴールドディガー)を持つヴィクトワールピサです。
実はヴィクトワールピサは、母方にノットアフレイドを持つ産駒がよく活躍しています。

コウソクストレート(ファルコンS勝ち)
ミッシングリンク(TCK女王盃勝ち)
アウトライアーズ(スプリングS2着)
パールコード(秋華賞2着)
アジュールローズ(プリンシパルS勝ち)

このように、様々な活躍馬をノットアフレイドが支えています。
これもおそらくゴールドディガー×ノットアフレイドによる恩恵でしょう。


ちなみにノットアフレイドは、プリンスジョンのお母さんとして有名。
主にリヴァーマン、コジーン、フレンチデピュティなどが持っていますので覚えておきましょう。


スポンサーサイト

CATEGORY血統を勉強中 Trackback 0 Comment 4 △Page Top

« インスタグラム、はじめました | ホーム | ハーツクライの牡馬の配合と、牝馬の配合 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title 班長 | URL | 2018-02-06-Tue 11:16 [EDIT]

いつも楽しく拝見しております。
望田さんが提唱する、ヘニーフレンチを別の角度から証明されておられていて興味深いです。
フジキセキの5代母Virginia Waterもカウントフリートが父でザテトラークのクロス持ちなのでNotAfraidと共通しているので、当てはまりますか?それなら、ヘニーキセキも同じように考えられますね。

>班長さん くりがしら | URL | 2018-02-06-Tue 13:52 [EDIT]

Virginia Waterもおっしゃるように当てはまりますね。
ただヘニーヒューズ×フジキセキの場合はターリングア≒ミリセントのスピード効果(影響力)の方が強いかもしれません。
ヘニーヒューズ×ミスプロの場合は記事内のとおり、レイズアネイティヴなどが付随するため、メドウレイクへの脈絡が深いですが、フジキセキに関してはストームキャット(の母ターリングア)との繋がりの方が重要なのかなと思います。
どちらにしても恩恵をもたらしてくれそうです。

No title 班長 | URL | 2018-02-06-Tue 21:22 [EDIT]

なるほど!
ありがとうございます。
確かにそうですね。木を見て森を見ずみたいですね(笑)
また教示下さい、よろしくお願いします。

>班長さん くりがしら | URL | 2018-02-07-Wed 08:19 [EDIT]

いえいえ、とんでもないです。
木を見て森を見ずは僕の専売特許なので奪わないでください(笑)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |