FC2ブログ
 
笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

トーセンパヒューム(トーセンディオールの2016)

トーセンパヒューム

父 トーセンロレンス
母 トーセンディオール
母父 キングカメハメハ



ディープインパクト×トニービンという組み合わせは、多くの活躍馬を出す好相性のパターンです。
ですがその一方で、トニービンは“非力さ”を抱えた血であることから、POG期間に馬が完成しない場合もしばしば。
能力はありがならも、善戦馬止まりになってしまうタイプが出やすい構成でもあります。


そんなことを踏まえて、今回はディープ×トニービンではなく、ディープの半弟トーセンロレンス×トニービンをピックアップしてみました。

トーセンロレンスの父はサンデーサイレンスではなくダイワメジャーなので、ディープに無かった「ノーザンテーストの頑丈さ」が付随しています。
しかも本馬の場合はノーザンテーストを4×4でクロスしているため、よりガチっと引き締めた構成。
パワーの方を前面に出しているため、トニービンの非力さはあまり心配する必要がありません。
これならサポートとして良い働きを見せてくれるのではないでしょうか。

ダイワメジャーとトニービンという組み合わせ自体も相性が良いため、(ダイワメジャーの子)トーセンロレンスとトニービンの親和性は高いのではないかと思います。





スポンサーサイト


2018/02/15 | 23:33
2018年デビューコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?