FC2ブログ
コンテントヘッダー

ルアーズストリートの2016

ルアーズストリートの2016

父 ディープインパクト
母 ルアーズストリート
母父 キングカメハメハ



デニムアンドルビーを出すなど、安定した活躍を見せているディープインパクト×母父キングカメハメハ。

現3歳世代もデビューした7頭全てが勝ち上がり。
東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアンや、2勝馬オハナが出ているのですから、文句のつけようがありません。

2歳馬にはディープ×母父キンカメが5頭いて、今回紹介する本馬もその1頭です。


本馬の祖母フィラストリートは繁殖牝馬として14頭の産駒を送り出し、重賞勝ち馬のブロードストリートをはじめ、半数の7頭が3勝以上を挙げる素晴らしい繁殖成績を残しています。

フィラストリートは、コジーン+リファールによる“フワッと柔らかく持続的な切れ味”が主体。
ここにディープインパクトを合わせると、(コジーンの2代母父の)サーゲイロードとリファールをクロスして引き継ぐことが出来ます。
名繁殖の資質の継続だけに、好感が持てる組み合わせなのは間違いありません。

ただし柔らかさを強調させる仕掛けであることから、牡馬に生まれた場合はちょっと芯に頼りないタイプになりやすそうです。
先天的な柔軟性に長けた牝馬の方が、純粋な切れ味を長所として活かしやすいのではないかと感じます。


そんなことから、オスに生まれた全兄サトノジーガーよりも、メスの本馬の方を1段上の評価をしたいところです。

・・・あれ、結局ほとんど母父キンカメのこと話してねーや(^_^;)





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.
 8.
 9.
10.
リンク