FC2ブログ

やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

血統同人誌





ウーリリ(ウィキウィキの2016) 2018-03-07-Wed

ウーリリ

父 ディープインパクト
母 ウィキウィキ
母父 フレンチデピュティ



ディープインパクト×フレンチデピュティという組み合わせは、数多くの活躍馬を出すニックスです。

このパターンの個人的な好みをいうなら、ただディープ×フレンチというだけではなく、加えて2つの条件を満たしている産駒を重視したいと思っています。


1,牡馬であること
POG期間に重賞を勝った4頭、マカヒキ、カデナ、カミノタサハラ、シャイニングレイは、いずれも牡馬です。


2,母がドナテッロのクロスを持っていること
牡馬のPOG期間の重賞勝ち馬4頭のうち、マカヒキ、カデナ、カミノタサハラの3頭は、母の血統内にドナテッロのクロスをもっています。
詳しくは→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1698.html


そんな条件をもとに、現2歳のディープ×フレンチを探したところ・・・

該当するのがマカヒキの全弟しかいませんでした(笑)


アルザオ≒フレンチデピュティ3×2による切れ。
ヘイロー3×5の瞬発力
2代母父の母キングスコート持つアリシドン4×5によるパワー+スタミナ。

バランスのとれた、弱点の少ないダービー向きの構成になっています。

強いて言うなら、ヘイローの軽さが強いため、少し非力に出やすいところが不安点でしょうか。
全兄マカヒキの場合、そこは“恵まれた馬格”で補っていました。

弟はどんなタイプなんでしょうね~。






スポンサーサイト

CATEGORY2018年デビュー Trackback 0 Comment 3 △Page Top

« キングスローズの2016 | ホーム | ダイアナブライト(チェリーコレクトの2016) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

UUURRRRRYYYYY オメガ | URL | 2018-11-26-Mon 20:57 [EDIT]

ウーリリおめでとうございます。
ジョジョのディオの掛け声のフリガナがたまにウウリィィィでなくてウリリリリリに本当になってたので、アニメでそれを再現して批判されたり称賛されたりしてましたね……(笑)

さて、それはさておき種牡馬ロードカナロアの活躍ぶりが凄い……来期POGの9割がた決まってたメンバーを再検討してしまう……。
シュプリームギフト17がいいんでないかと思うんですね。(続く)

管理人のみ閲覧できます  | | 2018-11-26-Mon 21:12 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>オメガさん くりがしら | URL | 2018-11-27-Tue 21:54 [EDIT]

ジョジョにそんなことがあったんですね(^_^;)
一方のウーリリは無事に新馬勝ちで良かったです。

ロードカナロアは本当に凄いですねえ。
シュプリームギフトは厩舎との相性も含めて、結構気にってます(^^)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |