FC2ブログ

09 | 2018/10 | 11

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.
 8.
 9.
10.
 

ブラヴァス(ヴィルシーナの2016)

ブラヴァス

父 キングカメハメハ
母 ヴィルシーナ
母父 ディープインパクト



キングカメハメハ×ディープインパクトという組み合わせは、ラストタイクーン≒アルザオのニアリークロスが発生するため、柔らかさが強力に表現されます……と言いたいところですが。

ディープインパクトという血は、母父になると少し重厚なパワー寄りに変容するところがあり、ブラックタイドに近い感じになるような印象をもっています(あくまでも現在の傾向です)。
母父ディープインパクトで初のGⅠ馬となったキセキなんて、勝ったレースが3000mの長距離GⅠ菊花賞ですし、しかもその日の馬場はドロドロの不良でしたからね。

なので字面ほどは柔らかくなりにくく、“空を飛ぶ”と称されたディープのイメージをそのまま当てはめないほうがいいのではないかと思うのです。
ラストタイクーン≒アルザオの柔らかさがあまり効果が出ないのであれば、この要素は下地として活用する感じにとどめておいて、メインにはパワーを据えた方が良いかもしれません。


そんな考えを踏まえてピックアップしたのが本馬。

キングマンボ≒ハルーワスウィート2×2によって突進的なパワースピードが大きく増幅されています。
メインとなる資質はこちらでしょう。

牝系の優秀さ、母の現役時代の成績は文句なし。
少なくとも現1歳の全弟までは追いかけてみたいですね。





スポンサーサイト

Comment