FC2ブログ

やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

血統同人誌





ブラヴァス(ヴィルシーナの2016) 2018-03-09-Fri

ブラヴァス

父 キングカメハメハ
母 ヴィルシーナ
母父 ディープインパクト



キングカメハメハ×ディープインパクトという組み合わせは、ラストタイクーン≒アルザオのニアリークロスが発生するため、柔らかさが強力に表現されます……と言いたいところですが。

ディープインパクトという血は、母父になると少し重厚なパワー寄りに変容するところがあり、ブラックタイドに近い感じになるような印象をもっています(あくまでも現在の傾向です)。
母父ディープインパクトで初のGⅠ馬となったキセキなんて、勝ったレースが3000mの長距離GⅠ菊花賞ですし、しかもその日の馬場はドロドロの不良でしたからね。

なので字面ほどは柔らかくなりにくく、“空を飛ぶ”と称されたディープのイメージをそのまま当てはめないほうがいいのではないかと思うのです。
ラストタイクーン≒アルザオの柔らかさがあまり効果が出ないのであれば、この要素は下地として活用する感じにとどめておいて、メインにはパワーを据えた方が良いかもしれません。


そんな考えを踏まえてピックアップしたのが本馬。

キングマンボ≒ハルーワスウィート2×2によって突進的なパワースピードが大きく増幅されています。
メインとなる資質はこちらでしょう。

牝系の優秀さ、母の現役時代の成績は文句なし。
少なくとも現1歳の全弟までは追いかけてみたいですね。





スポンサーサイト

CATEGORY2018年デビュー Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ショウナンパンサー(ダイアゴナルクロスの2016) | ホーム | シークレットラン(カールファターレの2016) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |