FC2ブログ
ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

 

2018年03月10日(土)
アルクス(ラルシュドールの2016)

 
アルクス

父 ハービンジャー
母 ラルシュドール
母父 シンボリクリスエス



ハービンジャーに対して、母方からノーザンテーストを合わせてガチッと引き締めるパターンは個人的に好きな組み合わせです。
本馬の祖母にあたるレクレドールは、母としてハービンジャーとのあいだにベルーフ(京成杯)を出していますね。

レクレドール自体はノーザンテーストの硬さよりもサンデーサイレンスとプリンスリーギフトの柔らかさが強いところがあり、ベルーフの若い頃は少し非力なところがありました。
本馬は母父にパワー型のシンボリクリスエスを挟むことで、レクレドールの非力さを1代後ろに引っ込ませて、もっと頑丈寄りにシフトさせています。

POGという点で考えたら、こっちのほうが好感がもてるのではないでしょうか。
ハービンジャー大好きっ子の僕としては、絶対に狙いたいと思っている1頭です。

スポンサーサイト
 
 
 

Comment