FC2ブログ
ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.ダノンチェイサー
 3.サターン
 4.ダノンジャスティス
 5.グランデストラーダ
 6.オウケンドーン
 7.アルクス
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.ジャカランダシティ
 2.エイティーンガール
 3.プラチナポセイドン
 4.タイセイセイヴァー
 5.レッドエンヴィー
 6.ミッキーポテト
 7.トオヤリトセイト
 8.
 9.
10.

 

2018年03月12日(月)
コバルトブルー(カトマンブルーの2016)

 
コバルトブルー

父 オルフェーヴル
母 カトマンブルー
母父 ブルーグラスキャット



1つ前の記事でアップした、ジャミールフエルテ(プリティカリーナの2016) と同じく、母方にミスタープロスペクター+ボールドルーラーの血をもつオルフェーヴル産駒。

母が米GⅡ勝ち馬ということで、当初は本馬を先にブログで紹介するつもりでした。
しかし、どうしても気になることが・・・。

この馬は16年のセレクトセールに上場された馬なのですが・・・


購買者の「Fastlane Bloodstock LLP」さんって何者?


今まで競走馬を所有していた形跡はなさそう。
英語だらけの名義だけに、ひょっとしたら海外に輸出でもされるのかな?
などなど、いろいろと考えてみたのですが、血統以外の情報に疎い僕にはわかるはずがなく…(^_^;)

そこでブログは急遽ジャミールフエルテ(プリティカリーナ2016)の記事に差し替え、そのあいだに超信頼できるマブダチに相談してみました。


みなさんご存知、dskさんです。

dskさんのブログ→「POG 2017-2018 15世代チェック


dskさんによると、Fastlane Bloodstock LLPは海外で購買実績のあるエージェントではなく、「ファストレーン・ブラッドストック・リミテッド・ライアビリティ・パートナーシップ」名義で落札した現3歳馬が、「青芝商事」名義で登録がされているとのこと。

そのことから、考えられるパターンとしては


①青芝商事を中心となる共有

②在外馬主が所有予定だったが、日本での馬主資格の取得が捗らず、社台F関連(吉田氏一族)や社台Fと結びつきの強い馬主へ横流し


このどちらかが有力ではないか、とのお返事をいただきました。


dskさん、マジで助かりました!
貴重なお時間を僕のために割いて、いろいろと調べてくださり本当にありがとうございました!!


……配合については何も触れてないけど、まぁいっか(^_^;)


スポンサーサイト
 
 
 

Comment