やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

レイバーリフォーム(ワーキングウーマンの2016)

レイバーリフォーム

父 ルーラーシップ
母 ワーキングウーマン
母父 フジキセキ



ルーラーシップ産駒も2世代目になって、牝馬でPOG期間に活躍する馬が出てきました。

クイーンCを勝ったテトラドラクマはヌレイエフ≒フェアリーキング。
阪神JF2着のリリーノーブルはキングマンボ≒ビバールクイン。

このことを考えると、配合的にはキングマンボ周辺を刺激するのがポイントなんでしょうかね~。


本馬はキングマンボ≒ジェイドロバリーなので、その仕組みをちゃんと完備。
加えてノーザンテーストのクロスをもつという部分もリリーノーブルと共通しています。


父は違いますが、本馬もレッツゴードンキと似たようなイメージですね。
現2歳にはレッツゴードンキの全弟もいるようですが、こちらも注目しておくことにします。






スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.