やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

同人誌の発売延期のお知らせ 2018-05-08-Tue

みなさま、お久しぶりです。
最近ブログを更新しておらず、「同人誌制作のラストスパート中なのかな?」と思っていた方もいるかもしれません。

そんなところで言い出すのは申し訳ないのですが・・・

現在制作している同人誌の発売を延期しようと思っています。


実のところ、今回の本は従来の「配合パズルでアタリはわかる」本とは違い、3歳春までの血統論ではない特別版。
POGに限定しない作りにしており、あえてこの時期に発売する意味はそこまでありません。
ただこれまでは毎年4月~5月、出版社がPOG本を発売するシーズンに合わせて自分も作っていましたから、今年も一応はその時期に発売するつもりではいました。


そんななか、サラブレの編集さんに声をかけていただき、3月30日発売の『走る馬がわかる本』にて「“母の父”としては資質が変わる種牡馬たち」というテーマで血統論を書かせてもらいました。




さらに、今月発売のサラブレ6月号のPOG企画でも、POGで役に立つニックス配合と、それに該当するオススメの2歳馬を紹介させていただくことになっています。


2つ連続してみなさんに血統論を発表する機会に恵まれ、そのうちの1つでは実践的なPOGネタを提供できることになりました。
これにより、僕がこの時期にすべき役目は果たせる見通しが立ったことから、同人誌はもうしばらく寝かせることを正式に決断しようと思います。


本来ならもっと早くにお伝えすべきでしたが、サラブレのPOG企画が校了を迎えるまでは配合論を発表できる確証がなかったため、同人誌を今月発売するかどうかの判断に迷い、このタイミングまでずれ込んでしまいました。
楽しみに待っていてくださったみなさま、本当に申し訳ありません。


同人誌自体は発売しようと思えばできるくらいまで完成しています。
ただ、この機会に少しチャレンジしてみたいことがあるので、もうしばらくお時間をください。
そう遠くない時期に出版するつもりですので、そのときにあらためてご報告いたします。


僕の今年のPOGネタは、サラブレ6月号で発表させていただきますので、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

CATEGORY競馬 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« サラブレ6月号のPOG企画に寄稿しました | ホーム | グリューネリヒト(グリューネヴォッヘの2016) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |