FC2ブログ
≪ 2018 07                                                2018 09 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

今週デビューの目玉といえば、なんといってもシーザリオの子、サートゥルナーリアですよね。

今回はこの馬がもつ、ヌレイエフ≒サドラーズウェルズについて考えてみたいと思います。


現3歳のカナロア産駒では、母方にサドラーズウェルズの血をもつ牡馬が、ダート1勝のウインネプチューンと未勝利のアンナベルガイトの2頭しかいません。
ちなみに牝馬も6頭しかおらず、2勝馬のエイシンデネブと1勝馬の2頭が勝ち馬。
実際に相性がどうなのかはハッキリとしません。

ただサドラーズウェルズは重厚なスタミナ血統。
鈍重さが強いタイプのため、ロードカナロアのしやなかさ、切れ味を削いでしまわないのかな?という気がするのです。

そんなわけで個人的には、ロードカナロアにおけるヌレイエフ≒サドラーズウェルズは、あまり良い印象を抱きません。


しかしこれはあくまでも“一般的な”ロードカナロア産駒での話。
この馬には一般的じゃないところが1つあります。

それは、シーザリオの子だということ。


僕は、以前リオンディーズの記事を書いたときに、ある仮説を立てています。
それは、シーザリオの母父はサドラーズウェルズではなく、フェアリーキングなんじゃないか説。

詳しくは→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1514.html


もしシーザリオの母父がフェアリーキングなのだとすれば、ロードカナロアとの相性はどうでしょうか?

フェアリーキングをもつカナロア産駒の牡馬は3頭いて・・・

ステルヴィオ(朝日杯FS2着、スプリングS優勝)
ミッキーワイルド(2勝)
モンツァ(1勝)


絶対メッチャ走るじゃん!!


スポンサーサイト


予想通りの新馬勝ちですね。

しかし 調教で違う馬と併せをやってしまったのは、調教で暴走したリオンディーズと似ているのかなと思ってしまいます。

私は指名していませんが、活躍されたら困りますので、気になる馬です。
直線で抜けてくる脚は見どころがありましたし、さすがシーザリオの子ですね。
僕も指名されちゃってる側なので怖い存在です。
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.