やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

身内POGでエイティーンガールを指名します


もともとは阪神2週目にデビューする予定だったものの、最終追いをしないまま出走回避。
大事でなければいいな~と心配していましたが、陣営のコメントによると「ゲートで嫌々していたので予定を延ばした(競馬ブックより)」とのこと。

ただ延期した影響で、僕のもう1頭の指名馬であり、本馬とおなじヨハネス×タキオンのジャカランダシティと出走が被ってしまいました(^_^;)
まあでも、元気でいてくれて良かったです。


アグネスタキオンとのニックスについては、昨日投稿したジャカランダシティの記事で詳しく書いてますので、そちらをお読みください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1802.html


上記ツイートでも書いたように、本馬はもう1つニックスをもっています。
それがウッドマンの血。

ヨハネスブルグにウッドマンを組み合わせると、ヨハネスの母マイスとウッドマンの間で、ミスタープロスペクターのクロスを始め、フレーミングページ≒バックパサー、ブルーアイドモモ=ブサンダ、フランシスエス≒グラマーなどが絡みあいます。
これによって、双方のアメリカ的なパワースピードが効果的に引き出されるのだと考えられます。

このニックス、ヨハネスブルグが日本で種牡馬デビューした最初の2世代は、送り出した4頭がホウライアキコ(重賞馬)、タガノブルグ(重賞馬)、フェブノヘア(3勝)、リッパーザウィン(4勝)と大爆発。
その後は鳴りを潜めていますが、久しぶりに長打があっても良いころかな~と思うんですよね。

ちなみに現2歳のヨハネスブルグ産駒には、ウッドマンをもつ馬が3頭います(エイティーンガール、ビーチハピネス、母アドマイヤレッド)。

この馬が一番頑張ってくれるといいなあ。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.