FC2ブログ
 
笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

身内POGでプラチナポセイドンを指名します

プラチナポセイドン母のアドマイヤフッキーは、名牝トキオリアリティーにフジキセキを組み合わせて、インリアリティ4×3というクロスをもっています。
トキオリアリティーの高い素質を、強いクロスによって増幅しているだけに、母としても高いポテンシャルがありそうです。
これまで送り出した産駒は5頭中4頭が勝ち上がり。
現3歳のアンフィトリテは、デビューから3連勝でOPマーガレットSを勝っています。

そんなわけで、プラチナポセイドンを指名したのは、父クロフネの配合論よりも、「アドマイヤフッキーの子だから」という理由のほうが強いです。


ただクロフネとトキオリアリティーは、ホールドユアピース(4×4)のクロスが発生するという特徴があります。
名牝トキオリアリティーの素質を引き出す効果が期待できそうなので、父×母の組み合わせという点でも、見どころがないわけではありません。


話は変わりますが、クロフネ×母父フジキセキは、ミッテラン≒ミリセントというニアリークロスが成立(ボールドルーラー、プリンスキロ、エイトサーティ、プリンスジョン≒ミランミルが脈絡)します。
このパターンをもつクロフネ産駒の牡馬は、23頭中8頭が勝ち馬。
勝ち馬率にすると34.8%なので、クロフネ産駒の牡馬全体44.0%(291/661)と比べても、特に好相性というわけではありません。

ただ軽快なスピードが強調される仕掛けなので、手堅いタイプを狙う場合など、個人的には結構好きな組み合わせです。

活躍している馬を見ると、トウショウカズン(6勝)、レッドヴァンクール(4勝)、トシザツンツン(3勝)は、いずれも勝利がダート。
プラチナポセイドンもダート馬じゃないかな~とは思っているのですが、芝でもダートでもいいので、堅実に頑張ってくれればいいなと思ってます。

スポンサーサイト


2018/07/06 | 00:15
2018年デビューコメント:0トラックバック:0
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?