FC2ブログ

やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

血統同人誌





身内POGでグランデストラーダを指名します 2018-09-22-Sat

サラブレ6月号のPOG企画でも推奨した馬です。

母父フレンチデピュティからアメリカ的なスピードを受け継ぎ、祖母からはヨーロッパの重厚なパワーを補給する構成。
全体の雰囲気的には、クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビに近いでしょうか。


ハーツクライで牝馬の産駒を狙う場合、米血より欧血に重点を置いた馬のほうが、個人的には好きです。
そういう点で、本馬の場合は祖母ハッピートレイルズの欧血(ポッセ×ハイトップ)が大切になりますが、ハッピートレイルズ牝系出身のハーツクライ産駒は、該当馬4頭すべてがPOG期間に勝ち上がっているので問題ないですね。


また友道厩舎はこれまでハッピートレイルズ牝系の馬を3頭管理していますが、アドマイヤジャガー(4勝)、スティーグリッツ(3勝)、アドマイヤパーシア(2勝)と、いずれも外していないことも心強いデータです。


本馬の全兄ヴォウジラールは少しモッサリしたところがありますが、今回は牝馬に生まれたぶん、軽さが出ればいいな~と期待しています。
でもデビュー戦で二千を選ぶところをみると、兄に近い感じなのかな?(^_^;)

じっくり成長するハーツクライの子で、誕生日も遅いですから、マイペースに頑張ってくれればと思います。


スポンサーサイト

CATEGORY2018年デビュー Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 9月25日発売 『重賞・いらすと日記 2018年1月~6月編』 | ホーム | ロードカナロアについて考える »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |