やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ヌーベルバーグどうしようかなあ・・・

今週デビューのヌーベルバーグの調教良かったですねえ。
今日は全体的に坂路では高タイムが多かった(特に終い1F)ですが、音無厩舎でこのタイムなら素晴らしいレベルだと思います。


以前から陣営に期待されている馬ということは、POG関係のブログ等で見かけていました。
それに動きが伴っているのであれば、ケチを付けることはないんですよ。

ただ、この前のダノンバラードの敗戦以来、ディープ産駒はパワー増幅したほうが良い説が浮上しているんですよね。
ヌーベルバーグは俺の中では、ダノンシャーク的な感じ。
以前の俺が好んでいた方向性の馬です。


ただ、そもそもディープの血統的な相性の善し悪しがわかるのは、まだ当分先の話。
今はあまり拘らずに色々な馬を指名したほうがいいのかなあ・・・とも。
もしくは、ディープ産駒自体を敬遠するか・・・ですよね。


UMAJINの残り2枠の候補ですが、

グルヴェイグ
スズカセクレターボ
メイショウクロオビ

から2頭と思っていましたが、そこにヌーベルバーグが入って来ることになりました。


ふむ・・・どうしたもんかなあ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.