FC2ブログ

やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

血統同人誌





リアアントニアの2017 2018-10-09-Tue

View this post on Instagram

✒️佐藤かずあき/🐴くりがしらさん(@kaz.sato_kurigasila)がシェアした投稿 -



ディープインパクト×アンブライドルドのニックスは、牡馬に生まれた方が効果をみせていました。

ただ今年になって牝馬のアンドリエッテが重賞を勝ち、さらに2歳馬のグランアレグリアもクラシック路線でも期待できる走りで重賞制覇。
少し傾向が変わってきた感がありますね。

というわけで、ここらへんでアンブライドルドもちの牝馬の産駒を狙ってみるというのもアリな気がしてきたので、現1歳を調べてみました。


該当馬は6頭。
母ザズー、母シュガーショック、母ピラミマ(スワーヴリチャード半妹)、母ファッションプレート、母ラヴェリータ、母リアアントニア。


そのなかで一番お気に入りはこの馬です。

父:ディープインパクト
母:リアアントニア
母父:ロックポートハーバー
http://db.netkeiba.com/horse/2017105613/


血統的に気になった馬は他にもいたのですが、この馬の良いところは馬体重。

アンドリエッテは、デビュー時から40キロ以上増量して、474キロでマーメイドSを優勝。
グランアレグリアも新馬戦から18キロ増やして、476キロでサウジアラビアRCを制覇。

このニックスはアメリカ血統の馬格からパワーを得ることが秘訣なので、線が細い牝馬だと良さが出づらいとこはあるでしょう。
そう考えると、本馬が10月1日現在、467キロと大きめなのが何よりも心強いです。



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1814.html

スポンサーサイト

CATEGORY2019年デビュー Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ディエンティの2017 | ホーム | ダイワラスターの2017 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |