FC2ブログ
 
笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

身内POGでウラノメトリアを指名します

ルーラーシップという種牡馬は、POG視点では血統的なツボが明確ではなく、絞りづらいところはあります。
また産駒は晩成の傾向があって、POG期間に牡馬の重賞勝ちはなし。

そんなタイプだけに、この種牡馬から選ぶのであれば、仕上がりの早いアメリカ血統の有無を重視したいところです。


本馬の祖母であるユーアンミーは、ボールドルーラー5×4。
ここにしっかりとアメリカのスピードが根付いています。

過去の活躍馬で似たような構造をしているのは、皐月賞2着のサンリヴァルでしょうか。
この馬は母がボールドルーラー5×5でした。


またユーアンミーは、ボールドルーラーの他にも、ノーザンダンサー4×4、ヴィクトリアーナ5×5をもつなど、相似な配合をしています。
さらにユーアンミーの母アーキミリオネアも、リプライ5×2や、シブレット≒ヴィクトリアパーク3×3、ナスルーラ4×4、ニアークティック≒アイヴィー4×3など、なかなか密度の濃い相似配合(ファンフルルーシュ≒コクリッシュ2×1とも言えますね)。


このあたりの存在感は子孫にもしっかりと伝わっているようで、アーキミリオネア牝系出身の馬は、これまで9頭がデビューして7頭が勝ち馬。
牡馬の産駒に限れば、チャンピオンズC2着のウェスタールーンド(母ユーアンミー)、ダービー3着コズミックフォース(母ミクロコスモス)、4勝馬アンティノウス(母ミクロコスモス)、2勝馬アドマイヤライン(母ミネラルスプリング)と、まだハズレが出ていません。

そういう意味でも、ウラノメトリアは期待が大きい1頭です。


ただこの馬の場合、配合うんぬんの前に気性がどうか、ですよね。
ダービー3着を兄にもつ血統馬を、早い段階で去勢するということは、よほどの状態だったのでしょうかね~。


ほら、僕って配合論は間違ってなくても、僕自身のチョイスの段階でやらかすのが様式美じゃないですか(^_^;)


今年だって、サラブレ6月号のPOG企画で推奨した馬をみると、現段階でデビューした11頭のうち9頭は勝ち上がっていますから、まずまず健闘していると思うんです。

なのに、推奨馬のなかで一番活躍しているアドマイヤジャスタは、ドラフトのジャンケンで負けて取られちゃってて、逆に僕が指名できたタイセイセイヴァーは、勝ち上がってない2頭のほう・・・(+_+)


こういうこと書くと、ウラノメトリアに出資されてる方は不安になるでしょうけど、僕の指名馬はPOG期間後に大成することは多いです。
これまでもエアソミュールとかハクサンムーンとか、最近ではサンライズノヴァとか、僕を踏み台にして立派に巣立っていきましたから、心配しないでください。
POGで指名してる方は心配してください╭( ・ㅂ・)و ̑̑



【宣伝】
2年半ぶりに、血統の同人誌を発売しました!
詳細は下記URLをご参照ください(^^)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1825.html


スポンサーサイト


2018/12/21 | 18:34
2018年デビューコメント:2トラックバック:0
コメント
こんにちは。

2頭が、同じレースに出てしまったのですね。
残念でしたが、2頭とも次は勝てるのではないでしょうか。

しかし、リストは酷いですね。
何でこんなに毎年、キーファーズはツイてないのでしょうかね。
2018-12-22 土  13:00:27 |  URL | 渡辺 #- [編集]
どっちも決して悪いレースじゃなかったので、前向きに考えるとことにします(^^)

キーファーズはなかなか流れが向いてきませんね~(^_^;)
2018-12-27 木  03:10:02 |  URL | くりがしら #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)

 
 

 
Copyright © やれなかった・やらなかった・どっちだろう All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?