やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

ディープとPOG(ダノンバラード編)

今日は珍しくちゃんと内容のある日記にします!

でもPOGの指名枠を使い切った今、あんまり考えることがないのが難点ですね。
ということで、無難にディープインパクトについて、もう一度考えをまとめようと思います。

あらかじめ断っておきますが、自分で何かを研究して導きだすような日記ではないです。
競馬の専門家の方々の意見を色々と見た上で、今の自分の考えをまとめているだけなので、そこら辺はご了承ください。
特に血統評論家の望田潤さんの影響はもの凄く受けていると思います(^_^;)




去年の秋頃、ディープインパクトが目指すべき方向性は、ネオユニヴァース的配合だと思っていました。
要は軽いスピードを注入していこうじゃないかということです。

その方針にしたがってダノンバラードを指名しました。
Haloクロスに加えて、Mr.Prospectorが入るのは、ロジユニヴァースやヴィクトワールピサと同じです。
まあ調教も抜群だったし、他に指名する理由なんていくらでもありましたけどね。



ダノンバラードはデビュー戦をあっさりと勝って、結果を出してくれました。
・・・ただ実際はダノンに限らず、他のディープ産駒達もデビュー戦をあっさりと勝って、結果をだしていましたけど。。。(;´∀`)

それを見て、ふとした疑問が。
どうもディープ産駒は、みんな柔らかくて、器用な軽さを持っているんですよね。
あえてスピード的な要素を注入する必要はないんじゃないかと思い始めました。

続く


長くなりそうなんで3部構成にして、ブログ更新回数を稼ぐことにします(-_-;)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.