やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

競馬場で絶望の宣告

日曜、ゲバルトさんと二人で府中まで観戦に行ってきました。

いや~こんな結果を受け止めなければいけないなんて・・・。


・ロングスローイン
未勝利 優勝

好スタートから逃げて、直線で更に突き放す快勝。
今日のような競馬が出来れば、中山開催で上のクラスでも十分楽しみが持てそうです。

・ヌーベルバーグ
つばき賞 4着

今回のレースを見る限り、現状ではこれがこの馬の実力だと思うしかない気がします。

・ショウナンマハ
未勝利 7着

見所なく敗退です。
この馬もこんなもんなのかなあ。。。
ちょっと体重が減っていますから、そろそろリフレッシュですかね。

・ダノンバラード
共同通信杯 9着

内が有利な馬場状態において、終始外を回る競馬。
直線も外へ出して追ったら、そりゃああなりますわね。
とはいえ、それでも追い込んで来てくれる馬なんじゃないかという期待があった馬だけに残念です・・・。



ダノンバラードが目の前で大敗したことのショックはとても大きいものでした。
しかし問題はそれだけじゃなく、ゲバルトさんのユニバーサルバンクが2着だったという事実が・・・。
土曜にダンスファンタジアが負けたことで、ここでポイントを詰るチャンスが訪れていたのに、逆に突き放されてしまいましたよ。
11000ポイント差か・・・。

これまで牡馬は俺の方がまだ有利な状況でしたが、ここに来てトーセンラー、ユニバーサルバンクが頭角を現したことで、もはや牡馬も牝馬も質、量ともに厳しくなってきました。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.