やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

タイマンPOGの状況

非常に苦しい状況になってきている、ゲバルトさんとのタイマンPOG。
現在のポイント差は・・・

ゲバルトさん 44735
栗頭 34025

ということで、1万ポイント以上離されてしまっています。
こうなると、もはや条件戦でコツコツだけではどうしようもありません。
指名馬が重賞を勝ちつつ、更にG1でゲバルトさんの馬よりも先着しないといけない状況。

もうちょっと詳しい状況が知りたかったので、二人の有力馬の予定をまとめてみました。
二人とも指名しているリフトザウイングスは除きます(ちなみに次走はスプリングSの模様)

ゲバルトさん
・オルフェーヴル(スプリングS)
・レーヴディソール(チューリップ賞)
・スマートロビン(アーリントンカップから毎日杯)
・ユニバーサルバンク(トライアルのどれか)
・トーセンラー(皐月賞へ直行?)
・ダンスファンタジア(桜花賞へ直行)

栗頭
・ショウナンパルフェ(スプリングS)
・ルルーシュ(弥生賞)
・リベルタス(弥生賞かスプリングS)
・マルセリーナ(チューリップ賞)
・ダノンバラード(未定)


こっちの指名馬もトライアルにそこそこ出てきそうな点だけが、まだ救いです。
このお陰でなんとか希望を持ち続けていられます。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.