やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

昆厩舎から選ぶなら

フジキセキ産駒の傾向を調べていたんですが、サッパリわかりませんね。
ある程度血統で取捨選択出来るタイプの種牡馬ならともかく、タキオンやフジキセキなんかは、どこから手をつけていいのやら。
こういう場合は取捨選択というよりは、良さそうな馬をピックアップする方がいいんでしょうね。



フジキセキと同じといったら変ですが、昆厩舎も社台の馬を預からないためか、どの馬がいいのか全くわかりません(苦笑)
マンカフェやキングヘイローのように、配合さえしっかりとしていればアタリを出せる種牡馬の子くらいしか、押さえようがない印象です。
ディープスカイのような馬を指名するのは諦めます(笑)。

ちなみに牝馬の指名は避けるつもりです。
デビュー前からかなりビッシリと調教を積むイメージがあって、これでは牝馬に合わないんじゃないかと思っているからです。
実際牡馬、牝馬共に同じくらいの数を管理していますが、活躍しているのはほとんど牡馬ですからね。

そう思っているなら、なんで俺はゼフィランサスを指名したんだろ。。。



・イントゥザブルー 牡
父キングヘイロー
母ビッグテンビー
全兄ローレルゲレイロ

・ゴールドグレースの09 牡
父マンハッタンカフェ
母ゴールドグレース


ローレルゲレイロの全弟という誰でもわかる馬と、マンカフェ考察で候補に残った馬のたった2頭だけ・・・。
まあこんなもんでしょう(^_^;)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.