やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

良血の力がクリスエスを救うか

正直、シンボリクリスエスは評判対効果を考えると酷い種牡馬だと思っています。
ただこれだけの繁殖を集めたわけですから、ちょっとくらいホームラン級の馬が出てほしいものです。

開幕週に登場するディアデラバンデラはホームラン級の資格を持つ一頭ですね。


これだけの超良血が順調に早期デビューしてくるわけですから、いくらシンボリクリスエスといえども、最悪1勝+αは出来るでしょう。
ディアデラバンデラはホームランか三振かというタイプではなく、ハズレてもそこそこ貢献はしてくれるタイプのはず。

ドラフトだと、上位で指名するリスクもあるため、難しい部分はあるんでしょうね。
ネットPOGならば、とにかくホームランを狙うべきですから、少なくともセトブリッジ、ダローネガを指名するよりはこちらを指名した方が(結果はともかく)方向性としては正しいのかなと思っています。



まあ個人的な好みで言えば、ディアデラバンデラは指名するつもりはないんですけどね(笑)

シンボリクリスエスを狙うなら

「牡馬」
「Nasrullah+Princequilloのクロス持ち」

これが俺の好み。
ディアデラバンデラはナスキロが薄い分、牡馬ってことくらいしか強調材料がないんですよね。
となると、良血の力でどこまでいけるかってことになりますが・・・。
今期はたとえネットPOGでも、あまりホームランばかりを意識せず、配合を重視して獲りたいという方針なので・・・う~む。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.