やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

わがままディープ

アシスタント仕事の連絡がようやく来て、金曜日からとなりました。
だいぶ予定より遅い召集となりましたが、新連載なので先生も色々と手探りでやりつつでしょうから、仕方がないことですね。

次週デビューの馬が出走確定するまでは家にいることになりましたから、じっくりと配合や動きを見ながら検討するとします。



美容院で髪の毛をサッパリしてもらっている間、暇なのでディープインパクトの事をボケーっと考えてました。


今まで個人的には、ディープはスピードと粘りをしっかり両立した馬が良いんじゃないかなと思っていました。
マルセリーナしかり、トーセンラーしかり。
ただ、それはもちろん大切ですが、一番重要なのはパワーの補強なのかもしれないなあと。
いかんせん美容院の中なので、ただ考えていることしかできず非常にモヤモヤしたまま座ってました(笑)


マルセリーナ、ダノンバラード、フレールジャックは「War Admiral+La Troienne」のパワーを。
コティリオンはノーザンテーストでRoman≒Chop Chopを。
トーセンラーはLa TroienneとRomanを。
リアルインパクトはNothirdchance≒Blue MoonとIn Realityあたりでしょうか。


一概にパワーと言っても、どれがパワーなのかを見分ける知識が俺には乏しいので、そこが非常に問題。
結果を出した馬の血統表をみて、これがパワーなのかなって判別するくらいしか出来そうもないですねえ(^_^;)


そこを乗り越え、なんとか上手いこと見極めることが出来れば、G1のレース中に競争を止めるようなアイツや、中山の第一コーナーで曲がらずに直進しちゃうようなアイツを指名せずに済むと思うんだけどなあ
(´;ω;`)



今週デビュー予定のエポキシは
スピード(Nasrullah+PrincequilloとRed God)
粘り(Hyperion、Court Martial、Donatello)
パワー(Danzig)
・・・とバランスの良い構成になっていますね。

陣営はパワー不足を指摘していますが、これをどう見るべきか・・・。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.