09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ダンスインザダークをどこまで信用できるか

今年の地獄モードはステイゴールドもジャングルポケットもハーツクライもタニノギムレットも指名できませんから、余計に厳しい戦いになりますね。

そんな中、数少ない大物候補の一頭がクラレント。
今週デビューとのことなので、ここら辺で本腰を入れて考えてみようと思います。


まずは配合。
色々と悩んだんですけど、結局ダンスインザダークがどんな配合がいいのか(=俺好みなのか)が全くわからず・・・。
仕方がありませんから、サンデー系として一般的な考え方を元に考えてみることにしました。

Halo≒Drone
Northern Dancer
Flower Bowl≒Aureole
Tom Fool≒Flaring Top
Nothirdchance≒Beau Max
などなど。

両親共に活躍した馬ですから、両者が持つ効果的な血をまんべんなくクロスさせているのは良いと思うんですよね。
兄のリディルも同じように相似配合から誕生した馬。
アグネスタキオンはしっかりとリディルという結果を残しましたが、ダンスインザダークは果たして・・・?



続いて調教。

第一に注目したいのは坂路でのタイム。
橋口厩舎は坂路での動きが成績につながりやすいので、リーチザクラウン級の化け物タイムとは言わないまでも、良い時計を期待したいです。
クラレントの動きは評判のようですが、いまだ目立ったタイムがありません。

原因は調教パートナーのコーダリー。
動きを見たいのに、毎回「コーダリーに合わせたからタイム自体は平凡」ってなるんですよ。
本当にコーダリーに合わせているのか、それともこの程度の能力なのか、とにかく判断に困ります。

また一般的には、併せた馬との手応えで判断するというのも非常に有効な戦略。
ローズキングダムは時計自体が平凡でしたが、併せ馬で必ず先着していました。
クラレントの場合は相方がまともに調教を走ってくれないが故に、必然的に先着となるわけで・・・。
ローキンの先着とクラレントの先着は全く価値が違います。。。



まあ地獄では貴重な戦力なので、三振覚悟で勝負に行く価値はあると思います。
願わくば最終追いきりは坂路で、そしてコーダリー以外と併せてくださいお願いします!
(´;ω;`)
スポンサーサイト

Comment