≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

いよいよ明日から、およそ1年3ヶ月ぶりとなる漫画アシスタントへの本格復帰となりました。
というわけで、しばらく音信不通となります。
まあ恐らく月曜くらいには一時帰宅出来ると思いますけど。


今週デビューの馬の出走表を見て、指名したい馬候補を先ほど決めちゃいました。

まず、一番のポイントだったコーダリー。
橋口のタキオンで非常に期待していた馬なので、UMAJINで正式に指名するべきか激しく悩みました。
でも、やっぱりこの調教を見たら、どう考えても指名できないでしょ。
もし活躍しちゃったとしても、さすがに後悔はないですね。
この状況で指名する勇気なんてないです(笑)。


なので思い切ってコーダリーは指名拒否するとして・・・次に迷ったのがエポキシ。
陣営が言う「力強さが物足りない」という点をどうするかが悩みどころ。
パワー不足なら、ディープ産駒としてあまり指名したくないかな~とは思います。
ただ、今の時期のディープに完成度を求めても仕方がないし、秋になったらこの点も改善されていくんじゃないかとも思うわけです。

正直まだ迷っています(^_^;)
決断できるような神のお告げ的なものが降りてこないか期待しながら、仕事をするとしよう(笑)


地獄モードではクラレントを指名しようと思います。
実は個人的には全然手応えがないんですよね(苦笑)

ただ厩舎は良いし、配合も好みだし、数少ない大物候補だし。
もし指名せずに活躍されちゃったら、その時点で地獄モード戦線から脱落となってしまいますから。
去年オルフェーヴルを指名していない者として、あの絶望感はもう味わいたくありません(笑)
ハズレ覚悟で指名しようと思います。
まあ、橋口さんなら最悪1勝くらいはしてくれるでしょ。


ついでにもう一頭地獄モードで指名したい馬がいました。
サドンストームです。

父のストーミングホームですが、とにかくインブリードだらけ。
Mr. Prospectorクロスとか、Native Dancerクロスとか、Natalmaクロスとか、Nasrullahクロスとか、Halo≒Sir Ivorなどなど。
もうこれだけでお腹いっぱいな状態。

にもかかわらず、更にインブリードの塊が成立する母を持ってきて、サドンストームが誕生しました。
Raise a Nativeクロスとか、Northern Dancerクロスとか、Halo≒Sir Ivor≒Boldnesianとか、これはもうやり過ぎですね(苦笑)。
この選択が吉と出ているのか凶と出ているのか、非常に判断に困ります。

ただ調教をみると、坂路で抜群の動きを見せています。
今週の追い切りラスト2ハロンが、12.3―12.4
先週のラスト2ハロンも、12.9―12.1
ラスト1Fの12.1は、ここまでの2歳馬が出した最速タイのタイムなので、これは良いですね。

これはもう吉とでるだろうと期待して、思い切って指名することにしました。



最初に地獄モードで指名したのがサクラルモンド。
指名した時はサンデー×マルゼンスキー×Seattle Slewでリーチザクラウンの再来だ!
・・・とかなんとか大はしゃぎしてましたが、血統を改めて見てみると、マルゼンスキー×Seattle Slew×Alydarって、すげーパワータイプだと思うんですよね(苦笑)
当初の予想とは大分変わってますが、まあ配合自体は悪くはないと思うので、ダートでもなんでもいいのでとにかく頑張ってほしいものです。


活躍した馬の配合を見て、活躍する理由は徐々にわかるようにはなってきました。
そこを活かして、なんとかデビュー前の馬の配合からアタリを見つけられるようになればいいのですが。。。(^_^;)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.