やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

フォルトファーレンを見て思う

ディープインパクト×エルコンドルパサーは、俺が理想とするディープ配合の全てを押さえた組み合わせです。

スピード面でMr. Prospectorや、Halo≒Boldnesian、ナスキロのクロスを。
スタミナをMiesqueのHyperion+Fair Trialで。
パワーをSeattle SlewのWar Admiral+La Troienneで補強していますからね。


ただ、なんだろう・・・良い配合だとか悪い配合だとかそういうのではなくて、イマイチしっくり来ないんですよ。
完全な俺の個人的な感覚なんですけどね(^_^;)。


たぶん原因は、エルコンドルパサーにあると思います。
俺自身はエルコンドルパサーが活躍している時期は、ダビスタ熱から冷めて競馬から遠ざかっていた時期なので、どんな走りをしてどんな馬だったのか、よくわかりません(当然偉大な馬だというのは知っていましたが)。
また、種牡馬となっていた時期も短く、その間、俺は競馬こそやっていましたが、父や母父などにはあまり興味がなかったので、種馬としての傾向もあまり知りません。

なので実馬を見ないで推測するのはあまり良い事ではないと思いますが、ただ血統表を見る限り、エルコンドルパサーを生み出した時点で、この配合は完成してしまっているんだと思うんです。

KingmamboのスピードとSadler's Wellsのスタミナを、Nureyev≒Sadler's Wellsで表現し、更にSpecial=Lisadellの大胆なクロスを狙う・・・。
この勝負にエルコンドルパサーという最上級の結果が出た時点で、もうこの配合は完成形を見ちゃった感じがして、そんな馬だけに、その後何を組み合わせようが、○○を継続・・・とか、○○のニアリークロス・・・とかしたところで、それは血を交配したのではなくて、ただ追加でくっつけただけっていう感じがしてなりません。
たぶんこれがフォルトファーレンを見て思う「しっくり来ない」感なんだと思うんですよね。
渡邊オーナーはスゲーなと、ただただ感心するばかりです。

もちろん、だからと言ってフォルトファーレンが悪い配合と言っているわけではありませんよ。
Lady Rebecca≒Rivermanにもなりますから、柔らかいナスキロ的な斬れを武器に、十分活躍を期待出来る馬だと思っています。


ただ、エルコンドルパサー産駒の母に、どんな種牡馬ならしっくりくるかな~と考えると、イマイチ浮かんでこず、許せるとしたらマンハッタンカフェじゃないかと。
あの馬は、Mr. ProspectorかBlushing GroomかCaerleonかBold Ruler+Princequilloのどれかさえ押さえておけば、誰でもOK的なところがありますからね(笑)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.