やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

バシルーラ栗頭

わかってはいたことですが、それにしても俺の馬券下手はハンパじゃねえなあ・・・。
人気の馬を買っているのに全て飛ばす・・・いくらなんでも神様に嫌われすぎでしょオレ(^_^;)。

せっかく新馬戦の血統表を見ているので、ついでに馬券を買っているものの、カジキ、アンビータブル、タガノカノープスなどなど人気どころを飛ばしまくり。
しかもほとんどの場合が、最終候補で迷った馬の方が来るし、しかもそっちの方が人気がなくておいしいという・・・。
競馬をやっている人ならばよくあるパターンですが、それを連発しまくりなんですよね。
さすがバシルーラと呼ばれている男だけあるなと思いました(´;ω;`)



さてさて、函館2歳Sはファインチョイスが優勝、 二着がアイムユアーズという結果でした。

勝ったファインチョイスはアドマイヤムーン産駒。
母は芝ダートの短距離で4勝を挙げた馬ですから、その適性を引き継いだのかな。
豊富なナスルーラ+プリンスキロに加えて、ヘイローのクロスでスピード面を強化しているのが良いですね。

現時点での俺の好みとしては、アドマイヤムーンはミスプロには触れずに、ヘイローかナスキロでスピードを強化しつつ、ハイペリオンの底力でサポートをするという形が理想かなと思っています。


二着はアイムユアーズ。
クロスの濃いエルコンドルパサーに対して、更にファルブラヴを持ってきてファルブラヴ=サドラーズウェルズ、シアトルスルーのクロスなどを大胆に狙った配合が吉を出たようです。
パワータイプの短距離馬だと思うので、函館の1200mはベストじゃないかな~と思います。

ファルブラヴ×エルコンドルパサーは配合はとしては面白いと思っています。
ただ正直なところ、サドラーズウェルズとの全兄弟クロスが日本向きじゃないと判断していたため、重賞で勝ち負けするところまでは予想していなかったというのが本音。
この結果をどう今後に活かしていこうか、非常に悩ましいところです。



ちなみに、函館2歳Sは本命ファインチョイスでしたが、絶対にバシルーラすると思って、直前でニシノカチヅクシに変更。
当然のようにニシノカチヅクシがバシルーラでした・・・。



今回は事情により携帯からブログを更新していますが、めっちゃ時間がかかりますね・・・。
いつもなら血統表の馬を英語表記で書くところですが、携帯からローマ字で打つのはシンドいし、スペルがわからないのでカタカナにしています。
でもカタカナのほうが、血統を知らない人には読みやすくて良さそうな気もしますね。
英語だと暗号のような文章にもなりかねませんし(^_^;)。
今後はカタカナ表記でいこうかな。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.