≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

トワイニング産駒なんて基本的にPOGじゃほぼ興味ナシ。
ただ地獄モードでは、なるべく広い視野を持った方がいいですよね。
新馬戦を勝ち、フェニックス賞でも4着になったシゲルシバグリの考察がてら、トワイニングをちょっと調べてみました。


・・・結論を言えば、基本的に全切りでいいですが、1つだけ注目すべきポイントがありました。

トワイニング×母父サンデーサイレンス×ノーザンテースト

↑これに注目。
母父サンデーサイレンスは、フジキセキやタキオンなど経由ではダメで、あくまでも母父がサンデーサイレンスの馬限定です。
ノーザンテーストは特にこだわりはなく、とりあえず血統中に存在してればOK。

全部で5頭しかいないのですが・・・

・ロールオブザダイス(平安S勝ち)
・フサイチアソート(東スポ杯2歳S勝ち)
・ドリームガードナー(シンザン記念2着)
・カツヨトワイニング(ファルコンS2着)
・レッドターキー(3勝)


これハンパじゃないニックスじゃないの!
( ゚д゚)
つーか、トワイニング産駒で重賞連対したのって、上に挙げた4頭で全部なんですけど・・・。
重賞連対馬は全てこの組み合わせなわけで、しかもアタリ率80%というね。



そんなことに気づいちゃったら、POGとして一番気になるのはアレでしょう。


「今年の2歳馬にその組み合わせはいるのか!?」




















































グランプリブルー 牡2



いたー!!(゚∀゚)

祖母はサクラバクシンオーの妹で、従兄にミッキードリーム(毎日杯2着)という中々の良血ですよ。
早く入厩しないかなあ
o(´∀`)o
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.