≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

大魔神佐々木が所有している馬です。
俺の中での守護神といえば、佐々木、高津、ソンドンヨル、ギャラード。
岩瀬や藤川よりもこの時代のピッチャーの方が印象に強いです。
それに比べてジャイアンツときたら、槇原→岡島→河原だもんなあ。。。


まあそれは置いといて、ヴィルシーナは迷いますねえ。
叔父がディープ産駒で重賞を勝ったフレールジャックなので、基本的には良いかな~と思ってはいます。
ただ母父マキャヴェリアンがどうなんですかねえ。
マキャヴェリアン自体は日本向きの良い種牡馬だと思うんですけども。

俺としては、フレールジャックの配合がちょうど良いバランス。
そこにマキャヴェリアンを挟むと、ヘイローを更に重ねてクロスすることになるとともに、ミスプロのスピードも入ることで、ちょっとスピード過多のような気も・・・。
ついでにフレールジャックよりも、母系が持っている「ウォーアドミラル+ラトロワンヌ」血脈が1代奥に引っ込むことになるのもなあ・・・。


要するにスピード、スタミナ、パワーのバランスが崩れぎみ?っていう不安ですね。
そういえば河原も、おケツが小さいのでドッシリ感がないのが嫌いでした(見た目かよ)。
阿部慎之助か斎藤雅樹コーチのおケツ(ラトロワンヌ的パワー)を4分の1くらい分けてあげたら良いバランスだったと思いますよ。
(・・?

後はナスキロをクロスさせていないので、外回り(=牝馬G1)向きではないのかも?っていうのも気にはなります。

逆に言うと、それくらいの些細なことしか疑問点がない馬なので、指名するか迷っているわけです。
スポンサーサイト


ディープ産駒って母系に重い血が1本は欲しいイメージなんですが、どうでしたっけ?ちと調べなおしたいと思います。

あとウインミーティアが地味に気になります。
ディープスカイのチーフズクラウンから1代経た母父
ディープインパクト母系にタキオンだとリルダヴァル、ダノンパッションがいますが、これはミスプロが入ってないですし。

もう少し悩みたいと思います。
重い血ですか~、その曖昧なパターンは俺の最も苦手とする分野です(^_^;)
是非調べていただけると助かります(笑)

ウインミーティアは俺もかなり気になってました。
でも実はディープインパクト母系ってのは全く気づいていませんでした(^_^;)
こんなに良い母系だったとは・・・これは余計に迷う。。。
ヴィルシーナですがあえて見送ってみます。
初年度の傾向で言うと2勝プラスしてるクラスは母父~4代父にほとんど、悪くても5代父には必ずメイン血脈以外の血が入っています。
対してヴィルシーナ
ミスプロ、ノーザンダンサー、ナスルーラ、ヘイローと全てメイン方向。
ヘイロー強調型もフレールジャックはいますが開花が遅かったことを言い訳にしたいかとw
全馬を調べたわけではないのでヘイロークロスの成功率はわかりません。

あと地雷を踏もうとトーセンナポレオン地獄ってみます。
同厩舎同父のセイリオスくらい、いやそれよりもっと走ってくれれば。
流行血統の中に異系をとりこむことで、血が活性化するんですかね。
貴重なデータありがとうございます!

俺も悩みましたが、ヴィルシーナは見送ることにしました。

トーセンナポレオンは候補として悩みました。
トワイニング×サンデーですし、何よりも血統が魅力ですよね。

俺はトーセンナポレオンをグッとこらえて、イチオクノホシで勝負してみようかと思っています。
まあ恐らくダメでしょうが・・・(^_^;)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.