≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

UMAJIN通常ルールで指名している牝馬が、まだ勝ち上がりゼロ。
クラヴェジーナが未勝利戦でもたつき、22日の牝馬限定戦で今度こそという思い。
なのにそこにはもう一頭の指名馬サクセスセレーネが被ってしまうという・・・。
そしてパララサルーはソエがちょっと長引きそうで心配だし・・・。

そんなわけで明日の牝馬限定の新馬戦はマジで本気で考察しなくてはなりません。
超豪華メンバーですから、この中からアタリが出そうな気がしますね!

今回はいつもよりパワーアップして、全馬を考察したいと思います。
なお、この考察は「良いか悪いか」ではなくて、「個人的に好きか嫌いか」です。
あまり高評価をしなかった馬でも、別に悪い馬と言う訳ではないですから、あしからずご了承ください。
それでも気分を害されちゃったらごめんなさいね。


んじゃ、頑張ります!
( ゚Д゚)


1,アナスタシアブルー
ファルブラヴで「ナスルーラ+プリンスキロ」血脈(以下ナスキロ)をクロスさせて、母母父サンデーサイレンスですから文句ない配合。
母父フレンチデピュティなので、どちらかと言えばパワータイプかと思いますが、母ライラプスは重賞を勝った良血ですからね。
ファルブラヴの教科書のような好配合を、ライラプスを使って表現しているわけなので、適正はともかく能力は高いと信じたいなあ。
ということで、この馬は素直に地獄モードで指名決定!
(^O^)

2,トップバゴスター
バゴは軽快なタイプではないと思うので、その上ヌレイエフ≒サドラーズウェルズっていうのはあまりいただけないかと・・・。

3,マトゥラー
母の繁殖牝馬としての能力は文句なく超一流ではありますが、メジロマックイーン×ノーザンテーストというのは、ステイゴールドだからこそフルに活かせる血統だと思います。
父ディープとなるとスピード面での仕掛けが欲しいだけに、配合的なあと一押しを母のポテンシャルでどこまで補えるかってとこでしょうかねえ。

4,リワードプレンダ
デビッドジュニア×ダンスインザダークっていうことで、地獄モードでもあまり指名したくはないかなあ(^_^;)

5,キャトルフィーユ
レディアルバローザの半妹という良血。
サーゲイロードのクロスでのスピード強化を基本として、スタミナとパワーもキートゥザミントとバックパサーが支えているということで、ディープインパクトとしては基本をちゃんと押さえた配合で良いですね。
欲を言えばフェアトライアルやドナテロなどのクロスが欲しかったかな。

6,サマーロータス
ファルブラヴ×サンデーサイレンスでナスキロをしっかりクロスしたということで、アナスタシアブルーに負けず劣らず良い配合ですね。
祖母のエイシンバーモントは重賞でも活躍した馬ですから、実は隠れた素質馬なのかも?

7,サダムアンビション
ホワイトマズル×サンデーサイレンスという鉄板ニックスにナスキロのクロスと、この馬も中々のもんですね。

8,フォーチュネイト
父のディクタットがウォーニング×サドラーズウェルズということで、この時点でもう指名する勇気がありません(笑)

9,ワンダーヴォーグ
父バゴはあまりフェアトライアルをクロスしない方が良いと思うし、母父ロドリゴデトリアーノもそんなに魅力的な種牡馬ではないのでパス。

10,ホットニュース
タヤスツヨシ×ガリレオですから、あまり軽快なイメージがないですね。

11,インテンシティ
ダイワメジャー牝馬を選ぶならば、母自身がナスキロをクロスしたタイプじゃなきゃ指名しない!っていうマイルールがあるのでここはパスで。

12,アワーグラス
俺個人的にはサンデー系×ロベルトは嫌う方針ですが、タキオン×ファレノプシスという素晴らしい良血ですね。
ただ、主観を抜きにしても母父ブライアンズタイムは結構なマイナスポイントの気がします(^_^;)
姉のラナンキュラスはスペシャルウィーク産駒でマルゼンスキー≒ストームキャットの鉄板ニックス効果で重賞でも活躍しましたが、タキオンではどうだろうか・・・(^_^;)

13,デアリングプライド
先程も言いましたが、ダイワメジャーの牝馬は母自身がナスキロをクロスしたタイプじゃなきゃ指名しないつもり。
しかもこの馬は母父がダンジグで、ローマン≒チョップチョップのクロスもあるだけに、牝馬らしいキレを期待するのは怖いかな~と思うわけです。

14,シゲルマスクメロン
何度も言いますが、ダイワメジャー牝馬でナスキロのクロスがないし、しかも母父ブライアンズタイムだから、これはゴメンナサイします。

15,カルミナ
ディクタット×クリスタルグリッターズだし、母が高齢ですしねえ・・・。

16,シゲルサクランボ
これもサンデー系×ブライアンズタイムなのでパスですかね。

17,クルクルリンクル
父オレハマッテルゼはノーザンテースト血もありますし、母方の方で柔らかさを補う何らかがあればいいんですけど・・・。



という感じになりました。
アナスタシアブルー以外で候補に残ったのは

・キャトルフィーユ
・サマーロータス
・サダムアンビション
の3頭。

サマーロータスとサダムアンビションは調教が目立ってはいないですね・・・(´・ω・`)
もちろん調教が全てではありませんが、もうオースミツバキのような超絶逆噴射はイヤです・・・。
ここは指名せずに静観が妥当かなと思います。

となるとキャトルフィーユをどうするかですね。
これはすぐに結論を出すわけにはいきませんから、もうちょい熟考して決めようと思います。
この馬、調教が良いとか悪いとかが良くわからんのですよ(;_;)
角居厩舎の調教ってどうやってみたらいいの!?

スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.