≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

勝ったのはアイムユアーズ。
正直に白状しますと、この馬を全く評価していませんでした・・・(^_^;)

俺がファルブラヴ産駒を選ぶときに重視している点は

・牝馬であること。
・母がサンデーサイレンスか「ナスルーラ+プリンスキロ」血脈持ちであること。

この2点です。
アイムユアーズは牝馬であり、サンデーサイレンス持ちであり、ナスキロ血脈のクロス持ちであり、要するに全てが揃った馬。
地獄モードにおけるわかりやすいアタリだったわけです。

にも関わらず俺が評価していなかった理由ですが、もちろんデビュー前の時は調教などの要因もありはしますが、その後も評価を上げなかったのはファルブラヴ≒サドーラズギャルの1×3が嫌いだったからです。
フェアリーキング=サドラーズウェルズ≒ヌレイエフといういかにもパワーを前面に出しそうなクロスもありますし。
能力の発現はともかくとして、(母母父SSということを加味しても)日本の馬場に適応するタイプではないと思っていました。

ですから未勝利を勝って、函館2才Sで2着した時点でもちょっと驚きました。
ただ配合自体は悪くないですから「このパターンでもっとも成功した」と考えるのならば、北海道の洋芝での活躍ならまだ許容範囲。
今後はPOG路線での活躍はないだろうとナメテいたわけですが・・・(^_^;)


実際は全然違いましたね(笑)
ファルブラヴ×サドラーズギャル(というかエルコンドルパサー)の組み合わせは5頭中4頭が勝ち上がっています。
唯一勝てていない馬もファルブラヴの牡馬だということを考えると合点がいくのかな。

もうこれは自分の間違いを認めざるを得ませんね。
今後はサドラーズウェルズやヌレイエフのニアリークロス持ちだったとしても、あまりマイナスと考えないようにしていこうと思います。


となるとヒデちゃん指名のトーセンピアスも成功のパターン。
急にコワイ存在に思えてきましたよ(^_^;)



2着はアンチュラス。
正直に白状しますと、この馬も全く評価していませんでした・・・(^_^;)

ディープの配合としてはバランスが良いとは思いますが、パワー型すぎてキレが不足しそうと思っていたので指名せず。
新規クラブであるG1レーシングの中にはアタリがいるであろうと睨んだものの、アンチュラスはスルーしてクラヴェジーナとパララサルーを指名しちゃったよ(笑)


スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.