≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

相変わらず馬券の成績はサッパリですが、これにめげることなく頑張りたいと思います。
ちなみに阪神カップは◎リアルインパクト。
1番人気が俺のバシルーラに耐えられるのかに注目。

では朝日杯を考えてみたいと思います。


・7・8枠の馬
外枠不利で有名なコースですが、実際にここ10年で連対したのはメイショウボーラー1頭のみ。
といっても、3人気以内だった馬はトーセンファントム、アポロドルチェとメイショウボーラーの3頭のみで、その内トーセンファントムはレース中の故障。
ダローネガ、レオアクティブあたりは実力もありそうなので頑張れそうな気もしますが・・・。

・ハクサンムーン
柔らかさバツグンのアドマイヤムーンには母チリエージェのようなガチガチのスプリンター血統とは相性がいいハズで、こんな母でもマイラーぐらいに上手いこと中和してくれているとは思います。

・ヒシワイルド
ゴールドアリュールの子でヌレイエフ≒フェアリーキングだと、いくらなんでもパワー型すぎやしないかと。

・レオアクティブ
ハクサンムーン同様、柔らかアドマイヤムーンにオペラハウス×ストームバード系のパワー型な母なので、良い組み合わせだと思います。

・ダローネガ
パワー源(ビューマックス)を継続してクロスし、ハイペリオン+フェアトライアルの持続力を強く補強し、ヘイロー≒ドローンで機動力も確保。
ダイワメジャーの理想系だと思っているだけに、期待をしてたんですけどねえ・・・。


せっかく朝日杯に指名馬を4頭送り出したのに、有力馬を含む2頭が枠を見た瞬間に終了を悟るなんて、こんなやるせないことはないですわ(# `皿´)


・血統的に微妙な馬
微妙な父×微妙な母父の組み合わせの馬がG1を勝つなんて、どうしても想像出来ないんですよね。
配合の質的には良いと思う馬も結構いますけど(^_^;)。
レースの結果次第では大いに反省することにはなりますが、まあやっぱり大雑把に切ってもいいんじゃないかなとは思います。
どうせ真面目に予想しても当たらんし(笑)

・ローレルブレット
サムライハートは母エアグルーヴがトニービン×ノーザンテーストのハイペリオン的な馬なので、そこにカーリアン×ミルリーフの「ナスルーラ×プリンスキロ」的なスキャンを組み合わせたのは良いと思います。

・マイネルロブスト
カーリアンをしっかりとマルゼンスキーとのニアリークロスで強化しているので、成功のパターンではあります。

・ネオヴァンクル
祖母がサンデーサイレンスの全妹なので、フレンチデピュティと相性が良いとは思いますが、にしても母父ティンバーカントリーじゃG1を勝つほどのスピードはないのでは・・・。

・マコトリヴァーサル
タヤスツヨシ×バクシンオーならば、もう少し柔らかいプラスαが欲しかったかなという印象。

・トウケイヘイロー
フォアシアー×ミルリーフのキレにノーザンテーストの持続力とバランスは悪くないけども。


・馬自体がどうなのよ?って馬
配合が良い悪い以前に、そもそも「?」な馬もいます。

・ニンジャ
グランスワンダーのパワーにサンデーサイレンスの柔らかさとミスプロのスピードを加えたのは良いと思うんですけど、やっぱり連闘ってのはどうかんがえてもマイナスじゃないのかなあ。

・ジョウノバッカス
タキオン×ロベルトな時点で、斬れ味を打ち消す無意味な組み合わせだと思っているのに、ダートで2勝してこのレースでは、さすがに厳しいでしょ。


・成功馬の条件に当てはまってない馬
・アルフレード
シンボリクリスエスで芝の重賞を勝った馬は全て「ナスルーラ×プリンスキロ」のクロスでキレを補っていますが、この馬にはそれがありません。
そんな例外的なパターンで、シンボリクリスエス初の芝G1馬の誕生を期待するほど、この種牡馬に魅力は感じないんですよね(^_^;)


・このレース向きじゃない馬
・クラレント
・ショウナンラムジ

共にダンスインザダーク×ダンシングブレーヴ系ですが、スピード、スタミナ、パワーのバランスが非常に良い好配合な馬だと思います。
ただこのバランスの良さは「クラシック向き」お上品な配合っぽくて、どうも中山のマイルでゴリゴリいけるタイプのようには見えません。
一発があるとすればニジンスキー≒ストームバードのパワーを強化したショウナンラムジの方がいいかな。


・非常に惜しい!馬
・スノードン
母がレモンドロップキッド×ウッドマンの力馬同士の組み合わせで、「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」のパワーがこれでもかというくらい強化されてて、その馬からなんでスノードンが生まれるのか、アドマイヤムーンってスゲーなあ・・・と改めて関心してしまいます。
ということでパワー満点だし、これは期待できそうな馬。
どうも中距離馬っぽい感じがするので、適正がダメならアッサリ負ける可能性もありますけどね。


・これが本命
・サドンストーム
スノードンと馬主、生産が同じです。
こっちを本命にしたのは、そりゃあ俺の指名馬だからですよ(笑)
母がグリーンデザートの子で、兄が快速G1馬のラッキーナインとくりゃあ、スピード面の血統背景は申し分ありません。
ヘイロー≒サーアイヴァー≒ボールドネシアンの4・5≒4・5なので適度な柔らかもあって、2歳のこの時期ならマイルは十分にこなせると思っています。
1番枠になったので、ここは絶好の狙い目でしょう。


ホント頑張って下さいお願いします・・・。
(´;ω;`)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.