やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

シンザン記念は◎ピュアソウル

先週本命にした馬の結果ですが

ジュニアC→オメガホームラン(優勝)
中山金杯→アドマイヤコスモス(故障最下位)
京都金杯→サダムパテック(5着)

アドマイヤコスモスは仕方がないにせよ、サダムパテックはもっとやれると思ってたんですけどねえ・・・。



さて、シンザン記念の予想です。

まず本命の前に、有力どころのジェンティルドンナについて考えてみます。
母父がダンジグ×アリダーのゴリゴリパワー血統、プラスしてリファールのクロスなので、どう考えても外回りの斬れは皆無だと思うんですよね。
ぶっちゃけて言えば、コース適正うんぬんと言うよりも、配合自体が何の魅力もない馬だと思っています。

なのでこの馬は本命にするのはやめるとして、他に外回りで走れそうなのはハイペリオンの持続力がウリなオリービンと、フォアシアー≒ミルリーフのトウケイヘイローですかね。
ただオリービンはダイワメジャーの配合としては、もっとも欲しい斬れ味の要素がないし、トウケイヘイローは父ゴールドヘイローってのがすでにアヤシイ・・・。

ということで、◎はピュアソウル。

ディープインパクト×ベガ一族という超良血。
ディープはSpecialの一族と相性が良くて、トーセンラー(サドラーズウェルズ)、フレールジャック(ヌレイエフ)、ディープブリランテ(ヌレイエフ)、アダムスピーク(サドラーズウェルズ)の重賞馬が誕生しています。
母の父ファルブラヴはサドラーズウェルズと全兄弟の関係なので、相性は良いと思います。

Specialのパワフルな機動力と、トニービンのハイペリオン的持続力と、ヘイロー≒サーアイヴァー≒ムーンスケイプの素軽さのバランスの良さが好きです。

まあこの馬もどちらかと言えば内回り向きな気もしますが、配合的には一番整っている馬だと思っているので、好走を期待したいですね。


ピュアソウル

オリービン
ジェンティルドンナ
トウケイヘイロー
プレムアムブルー
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.