やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

東京新聞杯&きさらぎ賞

土曜日の本命ですが

エルフィンS→タガノキャンドル(3着)
小倉大賞典→エクスペディション(10着)
すばるS→レディルージュ(10着)


1月はワリと健闘していたのに、2月に入った途端にいつもの俺に戻りました(笑)



・きさらぎ賞
重賞でも好走している◎ジャスタウェイを軸にします。
ハーツクライのノーサードチャンス≒リヴォークドを継続してクロスした配合はウインバリアシオンにも見られるパターン。
母父ワイルドアゲインだし、小細工せずに乗れるコース&メンバーのここは良さげ。


・東京新聞杯
良いメンバーが揃っていて、候補を絞ることすら出来ないぜ(笑)
左回りの東京でもう一度サダムパテックを信じたいという気持ちもありますが、◎はミッキードリームで。
トニービン×ノーザンテーストのハイペリオンテイストな母を持つフローリッドコードに、キングカメハメハを合わせてホーンビームのクロス。
ナスルーラの斬れとハイペリオンの持続力が東京の直線にうってつけです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.