やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

マイネマオ・クローバーリーフ

UMAJINさんが主戦場なので、ドラフト的な部分は抜きで。
デビューが近そうな馬の考察が中心です。
俺は血統もあんまし詳しくないし、馬体は全くわかりません。

個人的なメモ代わりに、ブログ書いてるようなもんなので、
的外れなことを言ってても、温かい目でスルーしてください。



土曜阪神1400mへ出走する馬の考察です。
大本命ホーマンフリップは以前考察したので、その他の出走馬を。

・マイネマオ
まずまずの動きを見せています。
マイネルの馬ですし、初戦から戦える状態なのは間違いないと思います。
ただ、やはりホーマンフリップを上回ることは考えづらいです。
仮にホーマンが負けることがあるとするならば、それはマイネマオではなくて、他の馬じゃないかなあ。

POGでの指名を考えると、そこに将来性も加味しなくてはいけませんね。
う~ん・・・ラフィアンってだけで、一段階評価を下げるのは駄目ですかねえ・・・?


・クローバーリーフ
地獄モードで指名可能なギムレット産駒です。
母はこの馬の上に2頭子供を生んでいて、まずまずの走りを見せていますが、全てダート馬。
父がタニノギムレットに変わって、芝向きになるのかどうかですよね。
個人的には母がバブルガムフェロー産駒ということで、母からの影響(ダート寄り)があるとみています。



現状評価
マイネマオ(△)
クローバーリーフ(地獄△)

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.