やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

フェブラリー&洛陽S

洛陽S
◎トーセンレーヴ

ディープにカーリアン×サーゲイロードの柔らかい斬れを増幅したことが、長所でもあり短所でもある馬だと思います。
妹のジョワドヴィーヴルは能力の違いで圧巻のレースを見せていますが、この配合はちょっと柔らかすぎて、もうちょい芯がしっかりした配合の方が本来は好ましいはず。

その分、ディープ得意の京都外回りならば弱点はカバーできると思うし、長所である斬れ味を存分に見せてくれると予想。
心配の鞍上もさっき来日初勝利を挙げたし、なんとかなるでしょう。


フェブラリーS
◎トランセンド

POG向きの配合ばかり勉強してきたせいで、正直ダートはサッパリです(笑)
とはいえ、トランセンドの配合が素晴らしいというのはわかるし、ここは本命しかないでしょう。
脅威の粘りと、苦しくなっても伸びてくるど根性、これぞハイペリオンの申し子という馬。
能力はもちろんですが、あの競走馬としての闘争心は応援したくなります。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.