やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

アーリントンC予想

先週の結果

・ヒヤシンスS→メジャーアスリート(6着)
・ダイヤモンドS→スマートロビン(3着)
・洛陽S→トーセンレーヴ(優勝)
・フェブラリーS→トランセンド(7着)

フェブラリーSはまあ仕方がないとは思っていますが、他はもうちょいマシな予想が出来たハズなんだよなあ・・・。
ただメジャーアスリートは今後も追いかけていこうと思います。
スマートロビンに関しては、やはりディープ×粘り×スタミナだけだとスピードの絶対値が足りないな~という印象。



・アーリントンC
◎ダローネガ

出走馬の血統表を眺めて、この馬なら重賞馬になっても納得!という配合の馬はダローネガ、ダイワマッジョーレの2頭。
多少ユルめに判定したとして、プラスでローレルブレッド、ジャスタウェイかな。

ダイワマッジョーレはまだ1戦しかしていない馬で信頼しづらいんですよね。
しかも俺は去年POGで兄のアサクサショパンを指名して、新馬勝ちで浮かれた後に裏切られ続けたというトラウマがあります(笑)

ダローネガは出遅れグセが怖いですが、しぶとい粘りと勝負根性は一級品だし、ここでも好勝負をくれるハズ。


俺が思うに、ダイワメジャーのお相手となる繁殖牝馬は、「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈2本+「ハイペリオン×サンインロー」血脈持ちを選ぶことが大物指名のカギじゃないかと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.